×

永久脱毛を医療脱毛で施術する場合の特徴・注意点まとめ

2019年03月04日
K.K.@美容脱毛ライター

永久脱毛をクリニックなどの医療機関で受けている方もいれば、自分でムダ毛処理を行っている女性もいます。サロンやクリニックなどで脱毛するとなるとお金がかかり、1回の施術で終わらないので面倒だと感じている人も多いと言えましょう。

しかし、自分でお手入れを行っていると、色素沈着や埋没毛などの肌トラブルが生じることもあるので、ムダ毛を完全に処理するために医療機関での脱毛を希望する方がいるでしょう。

モコ
永久脱毛を最優先するなら医療機関に通うといいですが、デメリットもあるので注意です~

医療脱毛では永久脱毛が期待できる!

永久脱毛は別の記事でもご説明している通り、基本的には医療機関でしか受けることができません。エステ脱毛では減毛は可能でも、完全な永久性を得ることはできないとされています。

医療機関での脱毛をもっと詳しく!

これに対して、医療脱毛は永久性を得られるメリットがあります。医療脱毛は文字通り医療行為を可能にしているクリニックで行われているもの、一般的には医療レーザーを利用したレーザー脱毛が有名です。

ただし、医療レーザー脱毛は永久脱毛の可能性はあっても、正確には半永久的な脱毛に過ぎません。レーザーを使えば永久脱毛ができるイメージを持つ人も多いかと思われますが、施術後数年後には再びムダ毛が伸びてくる可能性もゼロではないのです。

永久脱毛ができる手法は絶縁針を使ったやり方で、この方法でムダ毛の処理を行えば、再びムダ毛が生えてくることがない肌になります。しかし、絶縁針は毛穴に針を挿入して電流を流すやり方のため、痛みが伴うことや時間や手間が多く掛かるなどのデメリットもあるため、医療レーザー脱毛に人気が集まっているわけです。

モコ
ですが、レーザ脱毛でも麻酔が必要なほどの大きな痛みが生じることもありますね~
ロボ
強力なレーザーでは、お肌を痛める恐れもあります。ですので、美肌効果が期待できるエステサロンでの脱毛も検討してみてはいかがでしょうか。

サロン脱毛と比較して自分に合った脱毛方法を選ぶことも大事!

サロン脱毛とクリニックの脱毛では、それぞれどのようなメリットがあるのかを把握しておく必要があります。詳しくは以下の参考記事でもご紹介しておりますが、サロン脱毛はレーザーの取り扱いができませんので、レーザー光線よりもパワーが弱いフラッシュ光線を利用した美容脱毛を行います。

フラッシュ脱毛では、光線パワーが弱いので肌へのダメージが少ないなどの安心感もありますが、施術回数が多くなることもあります。脱毛効果の度合いも、クリニックでのレーザー脱毛よりも薄くなりがちです。

これに対してレーザー光線のパワーは高めなことから、一度に多くのパーツを施術でき、パワーが高いので効果も期待ができるなどのメリットもあります。ですので痛みを我慢して、少ない回数で手っ取り早く永久脱毛を済ませたい方は医療機関に通うことをおすすめします。

なお、脱毛をしてムダ毛の無い肌が手に入っても、むくみやたるみがあっては美肌とは言えません。自己流のケアではなかなか改善されず、慢性的なむくみに悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで、自宅で簡単に使えて、さらにむくみ解消効果が高いケア商品として「ボニックプロ」があります。詳しくは「ボニックプロの体験レビュー」でもご紹介していますが、肌状態に合わせてモードを調整するなど高機能なアイテムです。むくみがなかなか改善されないという方は試してみてはいかがでしょうか。

\エステ並みの効果で美脚を手に入れよう/
自宅で簡単にできる むくみ・たるみケアはこちら

 

モコ
ですが、お肌をキレイに保つことを考えると、ミュゼプラチナムなどのエステサロンでお手入れしてもらうのもいいですね~
ロボ
期間限定のキャンペーンも積極的に行っているので、新規ご利用者様にとってお得です!

 

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務