×

永久脱毛は本当に痛い?|部位別・施術方法別で永久脱毛の痛みを解説!

2019年03月08日

クリニックやサロンで受けられる脱毛の種類は様々ですが、永久脱毛ほど強力な施術となると少なからず痛みが伴います。永久脱毛の痛みにおいて個人差はありますが、毛や肌の性質によってどの部分がどれくらいの痛さかという傾向は決まっています

ではどの部分を脱毛する時が特に痛く、またその痛みを軽減する方法があるのでしょうか。

モコ
永久脱毛をする部位によって、痛みの強さが変わってきますね~
ロボ
永久脱毛では医療機関のレーザー脱毛を利用することになり、施術中の痛みがネックになるとされています!

永久脱毛で特に痛みが強い部位は?

永久脱毛で痛みを強く感じる時の条件は、毛が太くて強いあるいは肌が薄くて弱いことです。太い毛を抜くためにはそれだけ強いレーザーを照射しなければならず、敏感な部位はレーザーが弱くても影響を簡単に受けてしまいます。

そしてその条件が特に当てはまっているのは、定番となったVIO脱毛でも知られるデリケートゾーンです。デリケートゾーンの毛は基本的に太くて濃く、皮膚が非常に柔らかく敏感なのが特徴です。痛いと感じる条件を両方とも満たしてしまっているため、人によっては続けられないほど強く痛みを感じることがあります。

デリケートゾーン並みに毛が濃い脇部分もまた、メジャーな部位でありながら痛みを感じやすいです。ただ皮膚がそこまで弱いわけではないため、VIO程ではないでしょう。

皮膚が薄いのが大きな原因で痛くなるのは、手足の指や甲部分などです。手で触っただけですぐに確認できるほど、皮膚のすぐ下に骨があります。生えている毛は薄くて細いものが多いですが、レーザーの照射の痛みを比較的強く感じやすいとされています。

モコ
脱毛する部位について、関連記事がございますのであわせてどうぞ~

施術方法によっても永久脱毛の痛さが変わる!

多くのクリニックで使用されている医療レーザーは、毛が持つメラニン色素に反応して熱を発生させる仕組みを持っています。その熱が毛の生える仕組みを破壊することで永久脱毛ができますが、その熱は毛に留まらずに周辺の皮膚にも伝わります。身体の中でも比較的強い毛の組織を破壊するほどの効果なので、痛みを伴ってしまいます

技術の発展によって、毛が生える仕組みの中の特定の部分をピンポイントで狙うだけで、永久脱毛ができる機械も登場しました。それはレーザー照射の仕組みから従来のものとは違うので、肌に与えるダメージが少なく痛い思いをすることも減ります。

その機械を使用していることはクリニックの強みになり、大きくピックアップされているはずです。ただどこのクリニックでも痛みは少ないと宣伝するものなので、機械の名前を確認する必要があります。

しかしどのような方法を選択しても、永久脱毛をするには多少痛い思いをしなければなりません。肌が弱くて耐えきれない場合は、永久脱毛ではない別の脱毛方法を選択した方が良い場合もあるでしょう。

モコ
永久脱毛のメリット・デメリットについて以下の記事で詳しく解説しています~

まとめ|永久脱毛の痛みが心配ならエステサロンでお手入れしましょう!

永久脱毛における部位ごとの痛みなどを解説しましたが、施術中の痛みは大きなデメリットになります。

脱毛は無理なく継続できることが重要です。ですので痛みが少なく、美肌効果のあるサロン脱毛も検討してみる価値があるでしょう。エステサロンでの光脱毛でも充分な脱毛効果があるので、ミュゼプラチナムなどのエステサロンを比較してみてはいかがでしょうか。