×

永久脱毛を自宅でする方法は?|簡単にできる脱毛方法と注意点まとめ

2019年03月11日
K.K.@美容脱毛ライター

永久脱毛を理想としている人は、いくつかの方法から選べます。医療機関やサロンの他、自宅でもムダ毛処理を行うことも可能です。ただ、自宅で行う脱毛では永久脱毛までの効果は得られないほか、注意すべきことや知識が必要になります。

自宅での脱毛で得られる効果やメリット・デメリットまで把握しておくことにより、失敗に感じてしまうことが無くなります。簡単に脱毛できる方法も存在しているので、覚えておくと綺麗な肌を実現できるのではないでしょうか。

自宅でする脱毛では永久脱毛はできない?【除毛・減毛は可能】

一般的に身体に生えているムダ毛を全て処理して、いわゆる永久脱毛に近い状態にする方法は医療機関で利用できるレーザー脱毛があります。

自宅で行う場合、普通の方法では除毛や減毛に限定されてしまうことが目立ちます。例えば家庭内で利用可能な除毛クリーム、市販されている電気シェーバー、脱毛用ワックスなどを購入して行う方法です。これは一定の効果は得られるものの、一時的なことに限定されてしまうので、永久脱毛を行うことは難しい傾向にあります。

しかし、インターネットを利用して購入できる家庭用脱毛器というものが存在していて、このタイプの中でも優れた性能を持つ機種であれば、永久脱毛に近い状態に施術することは決して不可能ではありません。

普通の剃刀や熱線脱毛などと比較をしても、家庭用脱毛器の場合では毛根に作用するため、サロンなどで利用されている光脱毛と同じ効果を発揮させることはできます。照射できる部位がある程度限定されてしまうこともありますが、脇や腕、脚などの目立った部位については自宅で綺麗にムダ毛処理をすることができるでしょう。

自宅での脱毛方法まとめ|家庭用脱毛器を利用するポイント・注意点

自宅で永久脱毛に近い効果を得るためには、優れた家庭用脱毛器の購入が欠かせません。高性能で高機能、ハンドピースのカートリッジが優れている機種の場合、比較的簡単に施術できます。肌質やムダ毛の状態に合わせて照射する光のレベル調整を行える機種も、相応しいと判断できます。

また、サロンと同じように毛周期に合わせて利用することが基本です。1週間から2週間程度の期間ごとに、自分で該当する部位に光を照射させていく方法で、次第にムダ毛の本数が減りその後も1年程度の期間を継続してみると、ほとんどムダ毛が生えてこない状態に仕上げることは決して不可能ではありません。

ただし家庭用脱毛器には注意点があり、照射する前には部位を冷却することが必要です。市販されている保冷剤でも十分に対応できるので、冷やした肌に光を照射することで安全を確保できます。

それとムダ毛の多い方は、施術する前にムダ毛を自主的に処理しておくことも大切です。普通の剃刀を使ったり、電気シェーバーなどを使い事前にある程度のムダ毛を短くしておくことで、家庭用脱毛器の効果を最大限に発揮させられます。

モコ
このように、自宅でできる脱毛では家庭用脱毛器を利用すれば、永久脱毛に近い効果を得られるかもしれませんね~
ロボ
ですが、上記でご紹介しました通り注意点があり、自己管理をしないと脱毛が不十分になってしまう恐れもあります。

モコ
自宅での脱毛では満足できない方は、エステサロンに通ってみることをおすすめします。こちらでも永久脱毛に近い効果でお手入れできるほか、美肌効果も嬉しいところですね~
ロボ
ミュゼプラチナムではお得なキャンペーンも実施していますので、それほど脱毛費用がかからないメリットがあります!

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

・Webライター歴:3年  →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ・現在はWeb系ベンチャーで勤務