×

耳毛を永久脱毛で処理するメリットとデメリットまとめ

2019年03月14日
K.K.@美容脱毛ライター

ムダ毛と聞くと脚や腕などを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、意外と耳毛が気になり、永久脱毛を考えている方も中にはいます。

年齢とともに毛周期が乱れることが原因で起こりやすい耳のムダ毛はお年寄りに多い症状ですが、ストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうと若い方でも耳毛が気になることもあります。耳毛カッターや、永久脱毛などで処理できるので参考にしてみて下さい。

モコ
耳毛の永久脱毛も可能ですが、費用面などの不安から自己処理をしている方も多いですね~
ロボ
ですが、耳毛カッターなどの自己処理方法も注意点があるので、気をつけてください!

耳毛は永久脱毛ができる!|永久脱毛のメリット・デメリット

耳毛の処理は自分で行う以外に、プロの施術に任せる方法があります。男性の場合には床屋さんで処理してもらうのが一番簡単ですが、あくまで耳の外側の処理のみなので本格的にケアを行いたい場合には、レーザー脱毛などの永久脱毛を行うのがおすすめです。

耳脱毛ができる場所はほかにも、エステサロンがあります。ただ、医療機関での永久脱毛では医師が処理を行ってくれるので、万が一トラブルがあった場合でもすぐに対応してもらえるのがメリットです。

ただ、耳毛の永久脱毛ではデメリットがあり、自分で処理を行うよりも費用が掛かる場合があります。人によってはレーザーが皮膚に合わず、炎症が起きてしまう可能性があることは理解しておきましょう。

それと、耳脱毛をしているクリニックがなかなかない点もデメリットで、同じ系列店であっても一部の店舗しか行っていないこともあるので注意して下さい。どこの医療機関でも、耳毛の永久脱毛ができる訳ではありません。

また、耳毛の永久脱毛は場所にもよりますが、5回ほど通うコースが一般的です。自分で行うのはなかなか難しい部分の脱毛をプロの目線で施術してもらうことができるので、綺麗な耳であると自信を付けることができます。自分で行うのが不安な方には、耳毛の永久脱毛はおすすめの方法だといえるでしょう。

モコ
ただ、永久脱毛にこだわらない場合には、エステサロンでの部分脱毛で耳毛を処理してもらうのもいいですね~
ロボ
エステサロンでも耳毛の脱毛ができるのは一部になるので、まずは無料カウンセリングなどで確認してみましょう!

試しに耳毛の脱毛をしたい場合|適切な方法は?

試しに耳毛の脱毛をしたいと思った場合でも、自分で耳の脱毛をすることはあまりおすすめできません。耳は、内部はもちろん皮膚もとても繊細な場所です。自己処理の方法によっては耳たぶや肌を傷つけてしまうだけではなく、薬剤が奥まで流れてしまうととても危険です。

自分では見えない場所なので、特に注意が必要なことは覚えておきましょう。どうしても自分で行いたい場合には、耳毛カッターなどを使用すると手軽に行うことができます。

耳毛カッターは鼻毛カッターと同じような作りで、ハサミよりも安全に処理ができるように設計されています。水洗いができるものを選択すれば、より衛生的に使うことができるのでおすすめです。

ただし耳毛カッターは慣れるまで時間がかかることがあるほか、毛抜きよりは費用が掛かるというデメリットがあります。また、使い方を間違えると粘膜を傷つけてしまう恐れがありますので、説明書などを読んで適切に使用することが大切です。

モコ
このように、部位別の永久脱毛ではいろんな問題点がありますね~。他の部位でも解説していますので、あわせてどうぞ~

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務