×

ブラジリアンワックスでは永久脱毛ができない?|効果とデメリットについて

2019年03月17日

自宅で自分で手軽に肌をつるつるにできる方法として人気なのが、ブラジリアンワックスによる脱毛です。シェービングよりも脱毛効果が長持ちで、毛穴も目立つことなく安心と魅力が満載ですが、永久脱毛として活用できるのでしょうか。

モコ
結論からいうと、ブラジリアンワックスでの永久脱毛は難しいですが、自己処理の脱毛方法としては手軽ですね~
ロボ
ブラジリアンワックスではメリットとデメリットの両方があるので、ぜひ確認してみてください!

ブラジリアンワックスでの永久脱毛効果のほか、サロンで施術してもらう脱毛との違いも把握しておきましょう。

 

ブラジリアンワックスでは永久脱毛ができない理由

ブラジリアンワックスはワックスを脱毛したい部分に塗ってから、その上にシートを置いてワックスの粘着力を利用して一気にムダ毛を抜き取る方法です。ワックスの原料は主にはちみつで、最近ではそこに美容成分をプラスしたりして、美肌に整え炎症を抑える効果を高めています。

しかし、抜き去ることができるのはムダ毛の毛根からですので、そのさらに奥にある毛を作って発毛、成長させる部分には何も影響がありません。そのため、時がたつとまたムダ毛は成長して出てきてしまいます。

ただ、またムダ毛が気になるまでには3週間程度が平均的なので、シェービングなどに比べると処理する頻度は少なくて済みます。また、毛穴の黒いぽつぽつが目立たないほど、毛根から処理できるのは仕上がりのきれいさにもプラスになります。

さらにもともとは、デリケートゾーンのVIOを処理するときに用いられることが多かったのがブラジリアンワックスなので、永久脱毛という観点ではなく形を整えたり、不要な部分を抜くという処理の仕方に適しています。永久脱毛と勘違いしないようにしましょう。

ブラジリアンワックスで脱毛をするデメリットも

ブラジリアンワックスははちみつなど天然成分が主成分なので、人の肌にとっても優しくて化学成分に抵抗を感じる場合でも安心です。

とはいってもブラジリアンワックスの脱毛では、デメリットもあります。まずは痛みがあるということです。シートをワックスの上に置いて、はがすようにしますので一瞬痛みが伴います。それが怖くてゆっくりだったり、恐る恐るはがすととれるムダ毛も残ってしまって効果も半減してしまいます。

特に敏感肌の方はデリケートゾーンの処理で痛みを感じやすく、人によっては向いていないこともあります。また、自分で処理するときには慣れていないとうまくいかないことがあります。というのもコツがあって、毛の流れに沿ってシートを取る必要があったり、ワックスを塗るときにはしっかりと1本1本の根元にまで行きわたるようにしなくてはいけません。

手が届かない部位などもあるので、多少の手間とコツを抑えることが大切です。肌が敏感な方や荒れているときなどはできませんし、乱暴に処理してしまうと肌トラブルにつながるリスクもあります。

ブラジリアンワックスの扱いが難しいなら、プロのサロンで施術をしてもらう方法もあります。慣れたら自己処理もできるのがブラジリアンワックスの特長です。

モコ
慣れれば、自分で手軽に脱毛できるのがブラジリアンワックスのメリットです~
ロボ
もう少しお金をかけて、キレイに脱毛したい方はエステサロンもおすすめですね。エステサロンの脱毛について、詳しくは以下の記事をご参照ください!