1
×

埋没毛を放置すれば自然に抜け落ちる?|無理やり毛を抜くのはNG!

2019年03月20日
K.K.@美容脱毛ライター

ムダ毛が黒いポツポツになる埋没毛は、とても醜い状態です。毛抜きやシェービングなど自己処理でムダ毛をキレイにしていると、埋没毛の問題を避けられません。

モコ
ただ、焦ってカミソリで再度処理するよりは、まずは放置してみることをおすすめします~
ロボ
すぐにでも治したい気持ちは分かりますが、自己処理を一時的にやめて放置することも重要です!

埋没毛は見た目にも目立つので、うっかり人に見られてしまう前に処理する必要があります。男性から見るとかなり幻滅してしまうほどひどい状態です。肌の露出が増える時期を迎える前に、どうするか考えておかなければなりませんが、こちらのページでは埋没毛をあえて放置するメリットについてご紹介します!

 

埋没毛は放置すれば自然に抜け落ちる?

埋没毛ができたらそのまま放置する方法もあります。放置すると自然に抜け落ちます。強引にほじくり出そうとすると皮膚の状態がよけいひどくなり、炎症を起こしてしまう可能性もあるでしょう。

埋没毛も放置してしばらくすると部分的に顔を出すので、毛抜きで抜くことはできます。ただ、よほど慎重に抜かない限り全部を抜き去ることはできません。むしろ埋まっている毛を引っこ抜くのも大変なので、部分的に根元が皮膚の中に残ってしまい、埋め込まれた状態になってしまうパターンも珍しくありません。

細胞が生まれ変わるサイクルを促進するため、ピーリング石鹸などで角質を柔らかくしておくと効果的です。ムダ毛も時間が経過すると自然に抜け落ちるので、成長期と休止期、後退期を繰り返して寿命を迎えれば自動的に抜け落ちてしまいます。

ですが埋没毛の場合、普通の体毛よりも抜け落ちるまでに長時間かかります。角質が生まれ変わり、埋まっている部分の毛が表面に押し上げられていくまで待つしかありません。埋没部分の毛も肌表面まで上がってくると、強く引っ張らなくても自然にぽろっと取れるはずです。

我慢できず埋没毛の放置が無理な場合は?|キレイに抜きたい場合は美容脱毛で!

埋没毛ができたら、シェーバーなどで強引に処理してはいけません。炎症や傷になる原因になりますが、皮膚の奥に埋め込まれている状態なので簡単に取り除くことは難しいでしょう。

ですので上記でご紹介しました通り、放置して自然に抜け落ちるのを我慢するしかありませんが、埋没毛が取れるまでの時間がもったいないと感じる場合には、毛抜きで丁寧に抜く方法があるでしょう。

ただ、そもそも埋没毛を作らないための予防策も重要です。キレイに脱毛をして埋没毛の発生を防ぐには、エステサロンでお手入れを受けるのが理想的です。自己処理はリスクが非常に高いので、肌に無理な負担をかけないためにもカミソリなどのセルフケアアイテムは中止し、プロに任せた方が安心です。

また、いくらボディクリームなどでお手入れしても、長年自己処理を続けた肌はダメージが蓄積してボロボロになってしまいます。埋没毛のように目に見えるトラブルの他、長期間自己処理を続けたことの皮膚負担も軽視できません。

毛穴もどんどん開き汚れやすくなるので、無毛状態でも毛穴が汚ければトータルビューティとは遠ざかってしまいます。見た目でうまくごまかせても触れてみるとザラザラするので、パートナーに幻滅されてしまう原因になりかねません。

▼こちらも注目されている記事です!▼
埋没毛で黒ずみができる理由&スキンケア対策

まとめ|自己処理は手軽だけど注意が必要!

埋没毛ができても自然に抜け落ちますが、完全に抜け落ちるまでに長時間かかるので、エステサロンでのお手入れで埋没毛を防ぐことが一つの対策になるでしょう。

そもそも自己処理は埋没毛の原因になるので、ムダ毛のトラブルを避けるためにも最初からプロにお任せすると肌の健康も守られます。長年自己処理を続けていると肌にも毛穴にも負担がかかるので、トータルビューティを目指すためにも自己処理は得策ではないと認識する必要があります。

モコ
埋没毛の関連記事もぜひ、ご参考ください~

 

▼こちらも是非ご覧ください▼
本記事はAMPストーリーでもご紹介しています!

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務