1
×

ブラジリアンワックスは埋没毛の原因になる理由|埋没毛のリスクが低い脱毛方法は?

2019年03月22日
K.K.@美容脱毛ライター

ブラジリアンワックスは、手軽につるんとしたムダ毛のない肌に仕上げられると評判の脱毛アイテムです。実際に、ブラジリアンワックスを使って自己処理をしているという人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、ブラジリアンワックスはムダ毛を引き抜く方法です。このような処理をしていると、肌に負担をかけてしまい埋没毛ができてしまう原因になってしまいます。

モコ
ブラジリアンワックスはムダ毛がキレイに抜けるイメージもあるかもしれません。しかし、同時に皮膚を傷つけてしまう可能性もあるんです…
ロボ
手軽さだけでブラジリアンワックスをムダ毛処理方法に選んでる人は要注意です!

今回は、ブラジリアンワックスと埋没毛の関係性についてご紹介します。きれいな肌にするには、埋没毛の原因やなりやすいムダ毛処理方法について知っておく必要があります。今回は以下のポイントについてお伝えするので、気になった人はぜひ最後までご覧ください。

  • ブラジリアンワックスのメリットとデメリット
  • ブラジリアンワックスで埋没毛になる理由
  • 埋没毛になるリスクが低い脱毛方法

ブラジリアンワックスを使ったムダ毛処理方法とは?

ブラジリアンワックスでムダ毛処理をしているイメージ

最近、自宅などで手軽にムダ毛処理ができるブラジリアンワックスが人気に。

ブラジリアンワックスを使ったムダ毛処理方法とは、以下の流れで行うムダ毛処理方法です。

  • ①ワックスを脱毛したい部分に塗る
  • ②その上にシートを置く
  • ③ワックスの粘着力を利用して一気にムダ毛を抜き取る

ブラジリアンワックスの原料は主にはちみつなどの天然成分が主成分です。最近ではさらに美容成分をプラスすることで、美肌へ整えたり炎症を抑えたりする効果も。ブラジリアンワックスははちみつでできていることから、人間の肌にも優しいと評判です。化学成分に抵抗を感じる人でも使いやすいですね。

ただ、ブラジリアンワックスで抜き去ることができるのはムダ毛の毛根からのみ。そのため、毛根の奥にある毛を作り発毛・成長させる部分には何も影響がありません。そのため、時間が経つとムダ毛は再び成長して出てきてしまいます

ブラジリアンワックスは、もともとデリケートゾーンのVIOを処理するときに用いられることが多かったもの。形を整えたり、不要な部分を抜くという処理に適しています。

ブラジリアンワックスのメリットとデメリットは?

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

では、続いてブラジリアンワックスのメリットとデメリットについてご紹介します。

ブラジリアンワックスのメリットは?

はじめに、ブラジリアンワックスのメリットについてご紹介します。

  • 一度に広い範囲のムダ毛を抜くことができる
  • 2〜3週間つるつるな状態が持続する
  • VIOなどの粘膜近い部分も脱毛できる
  • 自身でもサロンでも処理できる

ブラジリアンワックスを使っての脱毛では、ワックスを塗って剥がすだけ。比較的、誰でも手早くムダ毛処理を行うことができます

また、ブラジリアンワックスは他の脱毛方法と比べて、処理を行う頻度は少ないです。カミソリや毛抜きなどは3日ほどで毛が生えてきてしまいますが、ブラジリアンワックスだと3週間は毛が生えてこないことがほとんどです。

穴の黒いぽつぽつが目立たないほど、毛根から処理できるため処理後の仕上がりもきれいです。剥がしたらすぐにつるつるな肌になれる点や、処理の難しいVIOなどもブラジリアンワックスを使って処理できる点も魅力的ですね。

さらに、ブラジリアンワックスを専門にしたサロンもあります。自身でもプロのスタッフに手伝ってもらっても、ムダ毛処理を行うことができる点も特長ですね。

ブラジリアンワックスのデメリットは?

続いて、ブラジリアンワックスのデメリットについてご紹介します。

  • 半永久的に脱毛を行い続ける必要がある(永久脱毛ではない)
  • ワックスを剥がすときに強い痛みがある
  • 慣れていないと上手に毛が抜けないこともある

ブラジリアンワックスの最も大きなデメリットとして、痛みが強い点が挙げられます。ワックスを剥がす瞬間に痛みが伴うため、特に敏感肌の人は刺激を感じやすいでしょう。

ちなみに、ブラジリアンワックスを使った脱毛方法は、永久脱毛ではありません。なぜなら、ブラジリアンワックスは、体毛を再生させる働きにダメージを与える訳ではないため

ムダ毛が再び生え出した23週間ごとに、半永久的にムダ毛所処理を続けていく必要があります。他の自己処理方法に比べれば手間ではありませんが、脱毛サロンやクリニックでの脱毛に比べるとずっと処理を続けなければいけない分面倒です。

また、自分で処理するときにはブラジリアンワックスでの処理方法に慣れていないと上手にムダ毛を抜くことができないこともあります。ブラジリアンワックスを使った処理では、以下の注意点がに気をつけることが必要です。

✔︎ 毛の流れに沿ってシートを取る必要がある
✔︎ ワックスを塗るときは、しっかりと1本1本の根元にまで行きわたるようにする

手が届かない部位などもあるので、多少の手間とコツを押さえることが重要です。肌が敏感な方や荒れているときなどはできませんし、雑に処理してしまうと肌トラブルにつながるリスクもあります。

ブラジリアンワックスでの脱毛で埋没毛ができやすくなる理由

ブラジリアンワックスで埋没毛になるイメージ

すぐにつるつる肌になれる一方、強い痛みが伴うブラジリアンワックス。では、なぜブラジリアンワックスでムダ毛処理を行うと、埋没毛になりやすいのでしょうか?

ブラジリアンワックスを使うと埋没毛になりやすい理由は、肌に負担がかかるため

ブラジリアンワックスでムダ毛を処理すると、毛が強引に引き抜かれます。つまり、お肌の表面がブラジリアンワックスの粘着力によって強い力で引っ張られます。

結果的にムダ毛がキレイに抜けるのですが、それと同時に毛穴の出入口に負担がかかり、傷ついて炎症を引き起こすことがあるのです。

炎症を引き起こすと、毛穴の出入口が塞がってしまうので次に生えてくる毛の行き場がなくなり、そのまま埋没毛になってしまいます

モコ
埋没毛に関する記事をまとめました!気になっている人はぜひチェックしてくださいね◎

関連記事▶︎埋没毛を放置すれば自然に抜け落ちる?|無理やり毛を抜くのはNG!

関連記事▶︎埋没毛による腫れの原因と対処法まとめ|ムダ毛の間違った処理方法に要注意!

関連記事▶︎長い埋没毛ができるのは脱毛処理方法の問題?|埋没毛の対処法まとめ

▼こちらも注目されている記事です!▼
埋没毛で黒ずみができる理由&スキンケア対策

埋没毛になるリスクが低い脱毛方法は?【エステサロンがおすすめ】

エステサロンでカウンセリングをしているイメージ

埋没毛ができてしまうとブラジリアンワックスで処理しても、お肌の奥で埋もれた体毛は抜けません。したがって、埋没毛が黒く残ったままになってしまいます。よって、ムダ毛の処理は毛穴の出入口に負担がかからない方法を選ぶことが必要です。

肌への負担が少ないお手入れ方法として、エステサロンで行っている光脱毛があります。エステサロンの光脱毛では、お手入れを受けたおよそ2週間後ぐらいに自然に抜け落ちていくので、毛穴に負担がかかりません。

ブラジリアンワックスでは、脱毛した直後にムダ毛が見えなくなるというメリットがある一方で、埋没毛ができやすいリスクが高いです。

対して、光脱毛のお手入れをエステサロンで受けると、すぐに脱毛を完了させることはできないものの、埋没毛が発生しないためきれいな状態のお肌に仕上げることが可能です

しかもエステサロンで照射する光には、体毛が再生しようとする働きそのものにダメージを与える働きがあります。そのため、次に生えてくるムダ毛は細くなり、最終的には脱毛しなくてもムダ毛が目立たなくなる状態にまで仕上げることが可能です。

モコ
ブラジリアンワックスとは違い、エステサロンの脱毛は痛くないので安心してお手入れできますね~
ロボ
特にミュゼのお手入れは脱毛初心者の人におすすめ!カウンセリングが丁寧で不安なことを徹底的に取り除いてくれるから安心して脱毛を受けられるよ♪

関連記事▶︎自己処理よりエステサロンの脱毛が良い?|メリットとデメリットまとめ

関連記事▶︎痛みが比較的するない光脱毛のメカニズム・メリットまとめ

\脱毛サロンが初めてで不安な人はこちら♡/
丁寧なカウンセリングと脱毛で美肌を取り戻そう

まとめ|脱毛は効果だけでなくお肌もキレイに!

ブラジリアンワックスには、手っ取り早くムダ毛処理ができるメリットがあります。その一方で、肌に刺激を与えてしまうことが影響で、埋没毛ができやすいというデメリットも。その上に半永久的にムダ毛処理を続けなければいけないため、実はお肌にかかる負担はより大きくなるのです。

しかし、エステサロンで光脱毛を受ければ、毛穴に負担をかけることなくつるんとしたきれいなお肌を取り戻すことができます。その上、脱毛を始めやすいキャンペーンが充実しているミュゼプラチナムであれば、低価格でお手入れができるためおすすめです!

脱毛と美肌ケアを両立するならミュゼ✨

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務