1
×

VIO脱毛で人気が高いVラインの形|整え方と自己処理のポイント

2019年04月02日
K.K.@美容脱毛ライター

欧米ではVIO脱毛は当たり前として定着しているのですが、日本でもどんどん欧米化が進み、VIO脱毛を行う人が増えてきています。

IラインやOラインはそこまで脱毛をする人が多いわけではありませんが、Vラインはいろいろな形が選べるため、人気が高くなっていると言えるでしょう。そこでVラインの人気の形などについて見ていこうと思います。

モコ
ベーシックは長方形ですが、VIO脱毛ではハイジニーナの選択肢もありますね~
ロボ
VIO脱毛の形についてお悩みの方は、エステサロンへご相談するのもいいでしょう!

\丁寧なカウンセリングで人気✨/
🌸無料でVIOの気になる疑問を解消!🌸

VIO脱毛の人気のあるVラインの形

VIO脱毛において人気のあるVラインの形では、長方形がおすすめです。Tバックやタンガのような下着にもすっぽりと収まるので、VIO脱毛でもこのタイプを希望する人が圧倒的に多いです。

ただ最近では、欧米の影響を強く受けてVIO脱毛をハイジニーナに希望する女性が増えているといいます。ハイジニーナ脱毛というのは、要するにVIO脱毛で無毛にすることであり、いわゆるパイパンと言われる状態のことを意味しています。

日本国内で温泉を利用する人が多いため、ハイジニーナ脱毛に対する抵抗感を持つ方も多いですが、実際にVラインを無毛にしてしまうと、その快適さから後戻りはできないと言われています。また、ハイジニーナの女性を見た男性は引いてしまうのではないかという懸念が強いですが、意外と男性は好意的に受け止めていると言われています。

何よりも無毛の状態であるので清潔感があり、下着からムダ毛がはみ出してしまうといった格好悪い現象を防ぐことができるでしょう。

\丁寧なカウンセリングで人気✨/
🌸無料でVIOの気になる疑問を解消!🌸

VIOの形の作り方

VIO脱毛ではいろいろな形が存在しています。その作り方や特徴を確認してみましょう。

VIOの形①|ナチュラル

VIOの形であるナチュラルのイラスト

出典:Pulito-VIOの形や長さ】アンダーヘアのヘアデザインとおすすめ脱毛方法 https://www.pulito.co.jp/column/28-underhairdesign.html

ナチュラルは最も一般的な形で、逆三角形である点が特徴です

処理しているという感じがあまり出ていない点や、不自然ではない上に清潔感の出ている感じが特徴だと言えるでしょう。あまり短くしすぎないのがきれいに見えるコツです。男性ウケのよい形でもあり、1番人気の形だと行っても過言ではありません。

VIOの形②|スクエア

VIOの形であるスクエアのイラスト

出典:Pulito-VIOの形や長さ】アンダーヘアのヘアデザインとおすすめ脱毛方法 https://www.pulito.co.jp/column/28-underhairdesign.html

スクエアは名前の通り四角くなっているのが特徴です。四角と言っても正方形ではなく、下の方が若干狭くなっているのが一般的なので、台形といった方がしっくりとくるでしょう。

もちろんビキニを履いても毛が見えてしまうことはありません。適切な長さを保っておかないと、海苔が張り付いているように見えてしまうこともありますので注意が必要です。

VIOの形③|ワンフィンガー

VIOの形であるワンフィンガーのイラスト

出典:Pulito-VIOの形や長さ】アンダーヘアのヘアデザインとおすすめ脱毛方法 https://www.pulito.co.jp/column/28-underhairdesign.html

あまり聞かない名前でもありますが、ワンフィンガーというのはI型と言われている形です。

通常VラインというのはV字型になるのが一般的なのですが、I型にすることでインポート水着なども着こなすことができるでしょう。名前の通り指1本分の幅に保つのが一般的であり、もう少し太くしたい場合には、ツーフィンガーにすれば良いのです

VIOの形④|ハイジニーナ

VIOの形であるハイジニーナのイラスト

出典:Pulito-VIOの形や長さ】アンダーヘアのヘアデザインとおすすめ脱毛方法 https://www.pulito.co.jp/column/28-underhairdesign.html

欧米では主流となっているのがハイジニーナです。最近では日本でも希望する人が増えていると言えるでしょう。

ハイジニーナとはVIOの部分を完全に脱毛し、ツルツルの状態にすることを指します。近年では衛生面を考えると最も良いと言われているのですが、自分で処理をするのは難しいでしょう。

ハイジニーナにしたいのであれば、脱毛サロンや医療機関に行くようにしましょう。

\丁寧なカウンセリングで人気✨/
🌸無料でVIOの気になる疑問を解消!🌸

自分でVIOの形を整える方法

VIOラインは脱毛サロンや医療機関で行ってもらうのが恥ずかしい部分でもあるので、自分で整えてしまおうと考える人もいます。

自分で整える場合にはどうすればよいのかというと、通常はカミソリ、電気シェーバー、ヒートカッター、家庭用の脱毛機などを使うことが多いでしょう。ただし、いずれもメリットとデメリットがあり、どちらかというとデメリットの方が多くなります

もちろんこの3つ以外にも方法は存在しています。Vラインは比較的自分でも整えやすい部分だと言えるでしょう。

まずは形を決めておき、電気シェーバーで形を整えていくのがおすすめです。カミソリでもよいのですが、カミソリ負けになる危険性があるのでおすすめはできません。左右対称になるように、少しずつ剃り進めていくのがよいでしょう。

Iラインも電気シェーバーがおすすめです。椅子に座ってしっかりと開脚し、覗き込むような姿勢でゆっくりと丁寧に行いましょう。手が震えてしまう場合には、両手でしっかりと電気シェーバーを握ります。

Oラインは手が届きにくいので、脱毛クリームを使いましょう。ケアした後は保湿クリームなどで保護をする、患部を冷やすなどの対策も有効的です。

ロボ
特にVIOラインはデリケートな部分。正しい方法で自己処理を行ってくださいね!

関連記事▶︎デリケートゾーンの脱毛は自宅でもできる!|セルフケア(自己処理)の方法

関連記事▶︎陰毛を抜くのはNG!|陰毛(アンダーヘア)の正しい自己処理方法は?

モコ
また、ここで紹介した方法以外にも、除毛クリームでVIO処理を行う方法もあります。詳しくはこちらをチェック!

関連記事▶︎除毛クリームの正しい使い方|肌トラブルを回避するための注意点

関連記事▶︎デリケートゾーン(VIO)でおすすめの除毛クリームは?|使い方注意点まとめ

\どの除毛クリームがおすすめ?💭/
口コミでの評価◎な除毛クリーム8選

VIOを自己処理するときの注意点

VIOラインはデリケートな部分なので、自己処理をするなら十分に注意しないといけません。失敗すると色素沈着が起こったり、痛みやかゆみが発生することもあるでしょう

きれいに剃れないこともあるので、時間をかけてじっくりと行うべきです。また、生理中やVIOラインに異常が見られる場合には、絶対に自己処理をしてはいけません。

モコ
もし、デリケートゾーンの色素沈着や黒ずみが気になったらこちらをチェック!

関連記事▶︎VIO(デリケートゾーン)の黒ずみができる理由・対処法を解説!

関連記事▶︎【最新レビュー】フェミデオは黒ずみに効果なし?口コミ・注意点などを検証!

関連記事▶︎一人で悩みがちなデリケートゾーンのニオイや黒ずみ…実はFEMIDEOでWケアできちゃいます!

\デリケートゾーンが黒ずんだら😢/
たった2,980円で黒ずみを元どおりにオフ
※180日間返金保証付き※

VIOを安全・確実に処理するなら?

VIOラインの自己処理は、デメリットがとても多くなっています。

恥ずかしい部分なので、医療機関や脱毛サロンを使いたくない気持ちはわかりますが、安全面を考えると、やはり医療機関や脱毛サロンのような専門機関を使うのが最もよい方法です。特にIラインとOラインは、自己処理をおすすめできない部分です。

医療機関ならある程度短い時間、少ない回数で脱毛が行えますし、脱毛サロンなら痛みを抑えるためや、できる限り恥ずかしくないような対策を整えていることもあります。

カウンセリングもできますし、詳しく説明もしてくれるので、専門機関に行ったほうがより安心できるでしょう。デリケートな部分だからこそ、多少お金がかかってもプロにかませるべきなのです

\丁寧なカウンセリングで人気✨/
🌸無料でVIOの気になる疑問を解消!🌸

VIO脱毛にて人気の形で整えるためには?

VIO脱毛で人気の形といえば、やはりナチュラル型でしょう。他にもいろいろな形があるので、よく検討してから脱毛を行いましょう

脱毛の方法は医療機関や脱毛サロン、もしくは自己処理を行う方法があります。いずれもメリットとデメリットがありますが、自己処理をするのはおすすめできません。安全性が高くて安心できる専門機関で脱毛をするべきでしょう。

モコ
VIO脱毛についての関連記事もぜひ、ご参考くださいませ~

関連記事▶︎VIO脱毛が恥ずかしくても安心して受けられる理由

関連記事▶︎VIOの正しい剃り方・自己処理方法って?|VIO脱毛前の正しいお手入れ方法を解説!

\丁寧なカウンセリングで人気✨/
🌸無料でVIOの気になる疑問を解消!🌸

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務