1
×

ヒートカッターの正しい使い方は?|ヒートカッターを選ぶ際のポイント

2019年04月28日
K.K.@美容脱毛ライター

アンダーヘアをそのまま放置していると、チクチクすることがあるので定期的な処理が必要です。自分で処理する場合利用されるのがヒートカッターで、正しい使い方をすれば電熱で毛先を焼き切ることができ、脱毛処理することができます。

似たような方法ではカミソリがありますが、熱処理するので毛先が尖らず、触った時にジョリジョリしたような感じにならず自然な仕上がりになるでしょう。

モコ
こちらのページでは、ヒートカッターの正しい使い方について解説していきます〜
ロボ
キレイに自己処理をするコツがあるので、確認しておきましょう!

ヒートカッターの正しい使い方を解説!

ヒートカッターの使い方にはいくつかコツがあり、処理する部分であるアンダーヘアをあらかじめ清潔にする必要があります。処理する前には全身を洗っておき、カットする皮膚はきれいに洗い保湿することをおすすめします。

皮膚に刺激を与えないよう、優しく洗ってあげることがポイントです。処理する前にこの手順を行うと雑菌が皮膚に入ったり皮膚の炎症などを抑制することができます。

ヒートカッターの使い方として、先端から少しずつ行うことが大切です。ヒートカッターは熱があるので、やけどする可能性もあるので注意しながら行いましょう。アンダーヘアにあたる部位の皮膚は薄くなっているので、使い方を間違うと傷ができやすく注意が必要です。そのため少しずつ処理することをおすすめします。

使用した後はお肌をしっかり保湿することが大切で、お肌が荒れないよう適切なケアが大事です。ボディローションなどを利用するとお肌の状態を整えることができます。価格は2,000円~5,000円ぐらいで販売されているので、比較的リーズナブルな価格で購入することができるでしょう。

はじめてのヒートカッターを選ぶ際のポイント・注意点

ヒートカッターで正しいお手入れをしてキレイになった脚

ヒートカッターはいろいろな機種がありますが、基本的に1回につき処理できるのは510本ぐらいです。VIOなどを含むアンダーヘアをカットするのには、丁寧に処理していくと1時間かかるでしょう。

ヒートカッターを選ぶ際、自分の手のサイズに応じたものを選択することをおすすめします。大きすぎたり小さすぎると長時間持つには不便になるので、サイズが重要になります。

中にはLEDライトや360度回転する鏡がついているものもあるので、見えにくい場所でも処理しやすくなっています。ヒートカッターを利用して毛を切ると毛を火で焼いたような特有の焦げたニオイが発生することがあるので、少量ずつ処理するとニオイを抑えることができるでしょう。

かわいいデザインのものが多く販売されていて、周囲の人に見られてもヒートカッターだと思われこともありません。処理した後は入浴したり濡れタオルなどできれいな状態にし、保湿をきちんとするときれいな仕上がりになります。持ち運びやすいものを選択しておくと、出張や海外旅行に持参し快適に使うことができます。

まとめ|デリケートゾーンのスキンケアも大事!

ヒートカッターはアンダーヘアを処理するのに便利で、熱処理によってきれいに整えることが可能です。事前に皮膚をきれいな状態に洗っておき、やけどに気をつけながら少しずつ処理していくのがコツになります。

自分の手にサイズに合ったものを選択すると便利で、かわいいデザインのものもあります。見えにくい場所も処理しやすく、後の保湿ケアが大切です。

モコ
アンダーヘア・VIO脱毛の関連記事もご参考くださいませ〜
  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務