×

ヒートカッターでの自己処理でチクチク感はない?|メリットとデメリットまとめ

2019年04月29日
K.K.@美容脱毛ライター

ヒートカッターを使えば、デリケートゾーンのムダ毛の処理が手軽にできると話題です。しかし、ヒートカッターの自己処理でチクチクするのではないかという不安もありますが、正しい使い方で処理すればチクチクすることはありません。

加えて、事前にヒートカッターのメリットとデメリットを把握しておくと、不快なトラブルや失敗がなくて便利に使えます。使い方次第では意外と快適という声もあるので、前もって知っておくことがポイントです。

モコ
カミソリで処理したようなチクチク感が無い点で、おすすめできますね~
ロボ
ヒートカッターでは注意点も、確認しておきましょう!

ヒートカッターを上手く使わないとチクチクする?

ヒートカッターはムダ毛を熱で焼き切るので、毛の先端は丸くなります。そのため、カミソリのように斜めに尖った状態にはなりません。ですので、手入れ後にカットしたばかりの場所がチクチクすることはありません

さらにコームに挟み込むようにカットを進めていくので、角度も一定になるので飛び出した部分だけがチクチクすることも起こりにくいです。どうしても気になる場合は、使用する前にコームやブラシで毛の流れを整えておくと処理がしやすくなります。

また、あまり急いでどんどん処理をしようとすると、きれいに焼き切れずに先端が揃っていない状態になってしまいます。それを防止するためにも、ヒートカッターを丁寧に使って確実に処理できるように行うのがおすすめです。

もともとヒートカッターは一度に処理できる範囲が小さいので、シェーバーなどと比べると時間がかかります。しかし、ここで急いで無理やり処理しようとするのは仕上がり感だけではなく、残っている毛の質やダメージにも繋がってしまいます。少し手間はかかりますが、確認しながら丁寧に行うのがコツの一つです。

ヒートカッターを利用するメリットとデメリットは?

ヒートカッターのデメリットで悩む人

ヒートカッターのメリットは、熱が直接肌に触れることがないので素肌へのダメージがないことです。シェーバーなどは刃をあてますので刺激が残ってしまいます。それがないだけでも肌を美しく保てます。

さらに、価格がお手頃なのもメリットです。数千円程度で家電量販店やネット通販など多くの販売店が扱っているので、リーズナブルに購入できる場所が多いのも魅力です。処理後の毛の先端がとがっていないので、柔らかくチクチクしません。自然な仕上がりを希望する場合はぴったりです。

一方で、ヒートカッターにはデメリットもあります。まずは、使用できる範囲がVライン限定ということです。他の部分のムダ毛の質、さらに作業の安全性からOラインは避けましょう。

また、熱で焼き切っていくので一度に何十本も処理できて、どんどん次に移れるというものではありません。そのためシェーバーなどに比べると処理に時間がかかります。ただ、何時間もかかるというわけではありません。それと、水が厳禁ということも注意しましょう。安全性から濡れた状態では使えませんし、バスルームなど水分量が多い環境も避けた方が無難です。

モコ
ヒートカッターの関連記事も、ご参考くださいませ〜

まとめ|ヒートカッターでは正しい使い方を守りましょう!

ヒートカッターはVライン専用ですが、手軽に使えて初心者でも簡単に使いこなせます。毛先がチクチクしないメリットもあり、手軽で無理のないナチュラルさが人気の秘密ですが、おさえておきたいポイントもあります。

正しい使い方を守っておけば、アンダーヘアを自分好みに整えられ、何よりも処理後のふんわりした質感に満足できます。使用後は清潔にメンテナンスして使うことも、忘れないようにしましょう。

モコ
VIOのお役立ち記事もぜひ、お読みください〜

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務