1
×

VIOを光脱毛(エステサロン)でお手入れするメリットとデメリット

2019年05月05日
K.K.@美容脱毛ライター

ひと昔前までは海外でしか知られていなかったVIO脱毛(いわゆるハイジニーナ脱毛)ですが、最近では日本でも人気を集めるようになってきています。

実際にVIOのお手入れを受けるにあたって、注意点があります。まずは「光脱毛」のメリットやデメリット、基本的な知識を確認した上で、気を付けるべきポイントをチェックしておきましょう。

モコ
VIO脱毛をエステサロンで受ける場合、光脱毛でのお手入れになりますね~
ロボ
VIOを光脱毛でお手入れする上で、知っておくべきことをまとめました!

サロンで行うVIO光脱毛のメリットとデメリット

エステサロンで行われているVIOの「光脱毛」には、次のようなメリットとデメリットがあります。具体的に見てみましょう。

光脱毛のメリット

エステサロンで行っている「光脱毛」は、医療脱毛のようにお肌に負担がかかりにくいのがメリットと言えます。

脱毛というと脱毛クリニックで行う医療脱毛がありますが、こちらは脱毛マシンのパワーが高いこともあり、ある程度の痛みを生じることがあります。笑気麻酔という弱い麻酔を利用するケースがあるのですが、麻酔はオプションになっていることもあり、別途料金がかかってしまうこともあります。

一方で光脱毛は医療脱毛と比べてパワーが低い分、痛みも少ないので麻酔を使うことはあまりありません。お肌に対する負担もかかりにくいので、お肌が弱い人はもちろんのこと、痛みに対して何かしらの抵抗をお持ちの方も安心して利用できます。

また、光脱毛には料金の面でもメリットがあります。こちらも医療脱毛と比べてみると分かりやすいですが、1回あたりの施術にかかる費用が半額以下の場合も少なくないです。

さらに、光脱毛の施術には特別な資格が必要ではありませんので、多くのエステティシャンが施術できます。医師の資格が必要な医療脱毛とは異なり、施術できる人が多いので、予約が多く先延ばしになるなどのトラブルも回避できるというわけです。

このように光脱毛というのは、時間やお金、お肌の負担の軽減など、様々な面でのメリットがあります。特にVIO部分は敏感な部分でもありますので、負担を軽減できるのは嬉しい点ですね。

光脱毛のデメリット

メリットの多いことで人気のVIOの「 光脱毛」ですが、デメリットもありますので注意が必要です。

デメリットのひとつとして、永久脱毛できない点があげられます。医療脱毛とは異なり、光脱毛は徐々に毛の量を減らしていく減毛でもありますので、施術後はまたムダ毛が生えてくることがあります。

ただ、ムダ毛が再び生えてくるとはいっても、前に減毛していますのでムダ毛が自体はかなり細くなっています。ムダ毛の再生機能も低下していますので、脱毛効果の実感度は大きいのではないかと思います。

また光脱毛の場合、自分が納得できるような毛量にするまである程度の時間がかかります。もともと脱毛マシンの出力が弱いため、1回の施術で得られる効果はそれほど大きくはないのです。

サロンで行うVIO光脱毛の効果・必要な回数

サロンで行うVIOの「光脱毛」の効果は、人によって変わってきます。ひとりひとりのムダ毛の量や濃いさ、またサロンで使用している脱毛マシンなどによっても変わります

そのため、脱毛にかかる必要な回数もそれと連動してくることになります。詳細については事前のカウンセリングで説明がありますので、確認しておくとよいでしょう。

サロンで行うVIO光脱毛の注意点は?

サロンでVIOの「光脱毛」をする際は、以下の点に注意してください。

肌の状態によっては肌荒れなどが起きやすくなる

エステサロンなどで行う光脱毛を受ける際、お肌が敏感な方は注意が必要です。各自のお肌の状態によっては、肌荒れなどの症状が出ることがあるからです

これからVIOの光脱毛を受ける方は、自分のお肌の状態もチェックしておきましょう。

毛の量が多い場合は回数が増える

エステサロンのVIOの光脱毛は、毛の量が多いとその分 施術回数が増える可能性があります。施術1回当たりで行う量には限界があるからです。

毛の量が多い方は、どの程度通う必要があるのかをカウンセリングなどで相談しておくといいでしょう。

クリニックで行うレーザー脱毛のメリットとデメリット

VIOをエステサロンで受けるかどうか悩んでいる人

サロンで行う「光脱毛」より効果が高いのが、クリニックで行う「レーザー脱毛」です。しかしこれにもメリットとデメリットがあります。

レーザー脱毛のメリット

クリニックで脱毛を行う場合、医師がレーザーを使用して行います。

クリニックのレーザー脱毛のメリットとしては、やはり永久的な脱毛が可能だということです。クリニックで使用している脱毛マシンはサロンのマシンよりパワーが強く、その分脱毛効果も高くなります。当然のことですが、施術を繰り返すことで永久的な脱毛も期待できるというわけです。

レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛のデメリットとしては、やはり痛みの面ではないかと思います。エステサロンで使用する脱毛マシンよりパワーが強いので、その分、痛みが増すことがあります。ただ、痛みが気になる方は麻酔もありますので、大きく不安に思わなくて大丈夫です。

家庭用光脱毛器を使った脱毛のメリットとデメリット

サロンやクリニックに通う時間が無い、などの理由から家庭用脱毛器などで自分で脱毛する方もいるでしょう。ここでは、そんなセルフ脱毛のメリットとデメリットを見てみましょう。

セルフ脱毛のメリット

まずセルフ光脱毛のメリットとしては、エステサロンと比べて費用が安い面があげられます。

エステサロンの脱毛費用は高くないところもありますが、セルフ処理であれば費用をもっと安く抑えられます。また、自分の都合の良い時にできるなど、生活のタイミングに合わせて脱毛できるのもメリットと言えるでしょう。

セルフ脱毛のデメリット

セルフ処理のデメリットは、背中といった自身の手が届きにくい部分の脱毛が困難なうえ綺麗に仕上がらない場合があることです。さらに全身の脱毛をするとなると、かなりの時間がかかるでしょう。

まとめ

脱毛サロンなどのエステサロンでは「光脱毛」という脱毛を行っています。光脱毛はVIO部分も可能であり、医療レーザー脱毛より痛みが少ないので、VIO部分の痛みが気になる方にも最適です。その他にもメリットが多いので、興味がある方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務