1
×

VIO脱毛は痛い?|痛みの少ないお手入れはエステサロンで!

2019年05月07日
K.K.@美容脱毛ライター

脱毛で特に痛いと言われている部位が、デリケートゾーンであるVIOラインです。ですが、早く処理しておく必要を感じる場所ですから、何とか痛みの少ないお手入れ方法を知りたいものです。

こちらでは、エステサロンや美容医療クリニックで実施されているVIO脱毛の痛みの違いと、痛くない脱毛がおすすめな理由をお伝えします。

モコ
VIOなどのデリケートゾーンは、特に脱毛の痛みを感じやすいですね~
ロボ
そのため、痛みが少ないお手入れ方法を選ぶといいでしょう!

VIO脱毛の痛みはお手入れ方法で変わる!

痛いと言われるVIO脱毛ですが、その痛みはお手入れ方法によってだいぶ変わるものです。こちらではクリニックやエステサロンで実施されている脱毛を比較して考えてみます。

まず、クリニックで行われているレーザー脱毛ですが、メラニン色素に反応するレーザーを使用するので、毛穴の毛根細胞を破壊することができるため、ムダ毛が再生することはほとんどありません。効果は高いですが、毛根細胞を破壊するほどの強さがある施術になるため、痛みを感じる方が多いようです。

さらにエステサロンやクリニックで実施されているニードル脱毛は、細い針を毛穴一つ一つに差し込んで、電流を流すことで毛根を焼切るものなので、永久脱毛には向いているものの、脱毛の中でも痛みが最も強いと言われています。

そして、エステサロンで行われている光脱毛は、お肌を冷やしながら感覚を鈍らせて、脱毛効果がある光の照射を行う方法です。個人差はありますが、上記の2つの方法では痛いと思った方でも、光脱毛であればVIO脱毛でも痛みを感じなかった方が多いようです。

この光脱毛で使用する痛み軽減のジェルは美容効果が高いものも多いので、脱毛と美肌、両方を手に入れられるのもメリットと言えます。

モコ
VIOのお手入れ方法ごとの比較記事もご参考くださいませ~

VIOは痛くない脱毛が特におすすめな理由は?

脱毛のお手入れを受けたお腹

VIOラインでは特に、痛くない形の脱毛がおすすめなのはなぜでしょうか。お手入れ方法や痛みに対する個人差にもよりますが、VIOラインを脱毛をしようとする場合、その痛みを例えると、輪ゴムをはじかれたような、細い針を刺したような、静電気を何十倍にもしたようなと、いかにも痛そうな表現が並びます。

さらにどれくらい痛いかについては、飛び上るほど、途中で投げ出したいほど、歯を食いしばるくらいという表現になります。それは、VIOには神経が集まっていて、他の場所よりもより痛みを感じやすいことが原因です。

そのような痛みが1回のみであれば我慢できるかもしれませんが、大抵の場合は毛周期に合わせて回数を重ねて脱毛します。そのため、痛みが強すぎると恐怖心が増し、継続して通うことができなくなる場合があるのです。VIOの脱毛は、自己処理の手間を減らし、美肌効果も期待できます。

また、きちんと処理していることからくる安心感や自信にもつながりますし、水着の着用も楽しみになるものです。ですので、脱毛する際の痛みを考慮してVIO脱毛にのぞむことは大切と言えるでしょう。

まとめ|VIO脱毛は痛くないお手入れ方法で!

VIO脱毛は痛いと言う評判がありますが、お手入れ中に寝ることができるほどの痛みを抑えた方法もあります。VIO脱毛は、脱毛後の生活を積極的な方向に大きく変えるものになります。

ですので、ご自分の痛みの耐性を考えて、痛みが少なく継続して続けることができる方法を選択することで、VIO脱毛を成功させることができるでしょう。

モコ
VIO脱毛では、お得なキャンペーンを実施しているミュゼプラチナムがおすすめです~

 

▼こちらも是非ご覧ください▼
本記事はAMPストーリーでもご紹介しています!

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務