×

VIO脱毛で痒みが生じる理由は?|痒みの予防対策まとめ

2019年05月11日
K.K.@美容脱毛ライター

デリケートゾーンであるVIO脱毛を行うと、ニオイが抑えられたり、水着などのおしゃれの幅が広がったりと利点が多いものです。ですが、個人差はあるもののIラインの痒みが発生することがありますから、注意が必要です。

こちらでは、VIO脱毛で痒みが発生してしまう理由を考慮した上で、VIO脱毛による痒みを防ぐ方法をご紹介します。

モコ
VIO脱毛での痒みは、お手入れ前の自己処理に原因がありますね~
ロボ
痒みを防ぐには、脱毛後のお肌ケアもしておきましょう!

VIO脱毛で痒みが起きる理由

VIO脱毛で痒みが起きる理由は、複数あります。その一つとしてあげられるのが、自己処理によって痒みが発生する場合です。特にエステサロンやクリニックでの脱毛を行う場合は、事前にお手入れ予定の部位を剃っておくことで脱毛の効果が上がります。

この脱毛前の処理は、お手入れの3日前から前日にかけて行っておく必要があります。この処理はエステサロンやクリニックにお任せすることもできますが、有料の場合も多いため、自己処理をする方が多くなります。

そして敏感な部位の自己処理に慣れていない方だと、自己処理で短くなった毛が肌に刺さってチクチク感じたり、毛が無くなった部位と下着などの衣服が擦れて、その摩擦からヒリヒリ感や痒みなどが起こったりする場合があるのです。

さらに脱毛のお手入れでは、光やレーザーなどの照射で毛根にダメージを与えるため、個人差はあるものの肌がほてったり、極度に乾燥したりするものです。エステサロンでは1回あたりの照射のパワーが少ないのでお肌への影響は少ないとはいえ、Iラインの皮膚が薄い部分は影響を受けやすいのです。

VIO脱毛による痒みを防ぐ方法は?

ジーンズを着た女性

では、VIO脱毛による痒みを防ぐ方法にはどんなものがあるのでしょうか。まずは、冷やすことが大切です。炎症が起きているので効果的な方法ですし、冷たくすると肌の感覚が無くなるため、痒みを感じにくくなります。

特に脱毛のお手入れを受けた直後は、家に帰ってから、冷たい水をしみこませてよく絞ったタオルや、保冷剤をガーゼに包んだもので冷やすと良いでしょう。

さらにできることとして、保湿があります。脱毛ではほてった感覚や乾燥が生じやすいので、普段使っている保湿クリームなどで十分に保湿してあげることが効果的です。

加えてできるのが、清潔にすることです。刺激が弱い石鹸などをよく泡立てて、指を立てずに指の腹を使って凹凸がある部分も丁寧に洗うことが大切です。また、お手入れ後は肌が敏感になっているので、しばらくは刺激を与えないようにしましょう。摩擦を与えないように注意したり、ムレないように通気を良くする下着などを身に着けたりしたいものです。

上記のいろいろな方法を実践したにも関わらず痒みがひどい場合は、通っているエステサロンやクリニックに相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。

まとめ|お手入れ前・お手入れ後のお肌ケアが重要!

VIO脱毛は敏感な部位のため、お手入れ前の自己処理や脱毛自体でも痒みが出てしまうことがあります。痒みを防ぐためにはお手入れ後によく冷やし、ほてりや乾燥がある部位を保湿したり、しばらくは刺激を与えないようにしたりと注意することが大切です。

また、必要な対処をしたのに痒みが治まらない場合は、エステサロンやクリニックに相談することも大切ですね。

モコ
VIO脱毛では、評判の良いミュゼプラチナムがおすすめです~

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務