1
×

顔の産毛処理をするメリットとデメリット|脱毛で気をつけることは?

2019年05月29日
K.K.@美容脱毛ライター

ワキなどと比較すると、顔の産毛はそれほど目立つものではありません。脱毛しなくてもいいと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、最近顔脱毛を希望する人が増えているのには、きちんとした理由があります。

顔脱毛のお手入れに関する注意点などを知って安全に受けるようにすると、快適な脱毛に繋がるだけでなく精神的な余裕にもなります。

モコ
顔脱毛や産毛の処理をすることで、化粧のノリが良くなるメリットがあります~
ロボ
反面、顔脱毛ではデメリットもあるので要注意です!

顔の産毛を脱毛するメリット|化粧のノリがよくなる

顔の産毛は太くないので、気にならないと思うかもしれません。しかし、脱毛することで顔の表面の凹凸がなくなり、化粧のノリが良くなるというメリットがあります。毛根がなくなるので毛穴が引き締まり、美肌になったと感じる人も多いです。

また、産毛であっても日本人の場合は毛が黒いため、生えているだけで顔色が暗く見えてしまいます。ですので顔脱毛をすると、顔色が明るくなり人に与える印象も良くなります。

古い角質もとれるので、化粧水などが浸透しやすくなるというのもメリットです。スキンケアの効果も実感できるようになるので、日々のお手入れが楽しくなります。産毛だから目立たないということはなく、脱毛することでたくさんのメリットが得られることが分かります。

モコ
ほかにも、顔脱毛によるシミの改善効果もありますね~エステサロンの美容効果が魅力的です~

顔の産毛を処理するデメリットも!

顔脱毛にはたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。脱毛に使う光は黒い色素に反応するようにできているため、産毛には反応が弱くなってしまいます。

そのため、顔脱毛のお手入れでは比較的多くの回数が必要です。お手入れを受ければすぐに毛がなくなるということはなく、10回以上通うということも珍しくありません。

また、お肌が傷つくデメリットもあります。特に脱毛の刺激によって乾燥しやすくなるので、脱毛を開始したらいつも以上に保湿を心がけておくといいですね。

敏感肌の人の場合は過剰に反応してお肌が赤くなったりかゆみが出るときもあるので、いきなりお手入れを受けるのではなく、異常が出ないか事前に確認する必要があるのでスタッフに相談しましょう。

顔の産毛を正しく処理する方法は?

顔脱毛を考えている女性

顔の産毛も自分で処理することがあるでしょう。そのような時は、お風呂上りなどお肌が柔らかくなっている時がおすすめです。産毛が立つので必要以上に刃を押し付ける必要がなく、お肌を傷つけることがなくなるからです。

剃る前には必ずクリームを塗り、お肌の負担にならないようにします。剃る方向は上から下が基本です。眉毛や髪の毛の生え際をギリギリまで剃ってしまうと、不自然な印象を与えるので1センチほどあけておくといいでしょう。同じ部位はできるだけ1度で剃り、何度もお肌を擦らないことも大切です。

剃りにくい時は、カミソリを持っていない手でお肌を引っ張るようにします。剃り終わったらお顔についている毛をやさしく拭き取り、保湿をします。

まとめ|産毛の処理でも保湿が重要!

顔の産毛は気にならないようで意外と目立ちます。脱毛することで顔色が明るくなったり、化粧がきれいにできるというメリットが得られます。ただ、お手入れによりお肌を傷つけたり乾燥することもあるので気を付けましょう。

自己処理する場合は、お風呂上りなどのお肌が柔らかくなっているときに行い、必ず保湿をすることで改善できます。脱毛や自己処理後の保湿ケアは顔に限らず、多くの部位でもあてはまることなのでアフターケアはお忘れずに!

モコ
顔脱毛の自己処理では気をつけるべきポイントもあるので、確認しておきましょう~
ロボ
顔以外の部位でもムダ毛が気になるようであれば、エステサロンランキングからおすすめサロンをチェックするのもいいですね!
  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務