1
×

今時の20代女子について調査!|脱毛・お財布事情・ダイエット・ファッションの傾向まとめ

2019年06月15日
administrator

今時の20代女性の趣味や志向について、脱毛やダイエット、美容院など様々な視点から傾向をまとめました。

『自分は流行りに乗っかれている20代女子なのかな…?』

『同年代の友達と話が合わないこともあるけど、私って今時の20代女子からズレてる!?』

などなど、20代女子について興味がある方はぜひご参考くださいませ!

20代女子300人に聞いた!イマドキは「全身ツルツル」が新常識

まずは20代女性の趣味趣向について、脱毛というポイントから見てみましょう。

こちらは、株式会社セドナエンタープライズの運営する脱毛サロン「脱毛ラボ」による、20代の女性300人に脱毛に関する調査を参考にしております。

【調査概要】

調査タイトル:脱毛に関するアンケート

調査方法  :インターネットリサーチ

調査期間  :2019年5月1日~5月6日

調査対象  :全国20代の女性300名

1.20代女子の69%が「全身脱毛」を希望!30%がすでに全身ツルツル

イマドキの20代女子に脱毛事情を聞いてみると、すでに脱毛を済ませたパーツは「ワキ」の66.7%が最も多い結果です。。

次いで「脚」が31.7%、「腕」・「全身脱毛」がそれぞれ30.3%という結果でした。脇や脚などの人気部位のほか、全身脱毛も1/3の割合で20代女子は脱毛を済ませているようです。

今後、脱毛したいパーツについても「全身脱毛」を希望する女性が69%。イマドキの20代女子は全身ツルツルが一般的ということでしょうか。

2. アンダーヘアの脱毛経験者、68.7%がツルツルの「ハイジニーナ」

「全身脱毛」がイマドキのトレンドであることが分かりましたが、アンダーヘアの脱毛事情も見てみましょう。

アンダーヘアをすでに処理した20代女子のうち「V」「I」「O」すべてのゾーンを脱毛した「ハイジニーナ女子」が68.7%と、群を抜く結果になりました。

VIO脱毛に対しても、今時の20代女子にとっては一般的になっており美意識の高さが伺えますね!

3. アンダーヘアの失敗談を公開「彼氏にジャングルと言われた」

また、どんな場面でアンダーヘアが気になったことがあるかを質問したところ、一番多かったのが「SEX」で70.3%。次いで「生理」が65.7%、「海・プール」が59.0%という結果にでした。

一方、脱毛してよかったことは?との問いには、「かゆみや匂いがなくなった」「蒸れなくなった」など、生理特有の不快感が軽減されたというメリットが多く、脱毛後は「プールや海で思いきり楽しめるようになった」「自信が持てるようになった」など、脱毛後で自信がついたのも良いことですね!

4. ムダ毛を理由にSEXを断ったことがある?2人に1人が経験

彼とのデート中、「今日は彼に抱かれるかも…」と感じた時、ムダ毛の処理をしていないことに気づいて焦る20代女子もいるかもしれませんね。

そこでムダ毛を理由にSEXを断った経験があるかを聞いたところ、「ある」と回答した人は46.3%。実に2人に1人が彼氏にムダ毛を見られたくないと思っていることが分かりました。

やはり、様々なケースでムダ毛処理の重要さについて思い知ったこともあるようですね。

そこで本サイトでは、ツルツルになりたい20代女子におすすめのサロン「脱毛ラボ」における、お得な料金体系や利用システムなども取り上げていますので、ぜひご参考ください!

ツルツル!全身脱毛診断メーカーでは脱毛ラボの口コミやキャンペーン情報を始め、サロンのランキングページ全身脱毛サロン特集でご紹介しています!

20代女子の美容院の予算は5,000円以下!F1層のヘアケア事情をリサーチ

続いて、美容院やヘアケアという観点で20代女子の傾向をまとめました。

参考にしましたのは、全国344万人のミュゼプラチナム女性会員組織を活用し、F1層のマーケティングに特化したミュゼマーケティングによる、「ヘアケア」に関するアンケート調査です。

髪の長さに関わらず美容院に行くペースは「2か月に1回」

まず、今回の回答者のヘアスタイルは「ミディアム(52%)」が最も多く、次いで「ロング(32%)」「ショート(16%)」という結果になりました。

美容院に通うペースを聞いたところ「2か月に1回(34%)」が最も多く、次いで「3か月に1回(30%)」

1回の美容院代を年代別に見てみると、20代前半は「~5,000円(26%)」が最も多く、20代後半から30代前半は「~10,000円(27%)」が多い結果ですね。

行きつけの美容院、決め手は接客や金銭面より「技術力」

行きつけの美容院があるか尋ねたところ、「ある」と答えた女性は59%という結果に。

あると答えた方の理由では1位「スタッフの技術力(24%)」、2位「スタッフの接客の良さ(18%)」、3位「アクセスの良さ(16%)」となり、美容院には、接客面や金額面ではなく、質の良さをより重視しているようですね。

行きつけの美容院を変えたいと思う瞬間については、「ほかに気になる美容院を見つけたら(32%)」が最も多く、「理想の髪型にならなかったら(28%)」「担当者が辞めたら(19%)」と続きました。

初めて行く美容院を選ぶ際に一番重要視するポイントとして、最も多かった回答は「値段(37%)」その次に「口コミ(22%)」「技術(19%)」という結果でした。

20代後半以上の女性は「ノンシリコンシャンプー」派が多数

髪の悩みトップ3は、「パサつき(23%)」「枝毛・痛み(21%)」「くせ毛(19%)」。髪で一番重要なのは「ツヤ(39%)」「潤い(25%)」と考えている女性たち。家でのヘアケアはどうしているのか、聞いてみました。

まずは、毎日使うシャンプーやトリートメントにこだわりがあるか尋ねたところ、67%が「こだわりがある」と回答。半数以上が、何かしらの選別基準を持って選んでいることがわかりました。ちなみに、こだわっているポイント1位は「効果(58%)」でした。

シャンプー、トリートメントの1本あたりの予算は「~1,000円(40%)」が最も多く、「自分専用(60%)」のものを「ドラッグストアで購入(72%)」していました。


現在使っているシャンプーのタイプは、20代前半は「普通のシャンプー」、20代後半から30代前半は「ノンシリコンシャンプー」が一番多い結果となりました。

また、シャンプーとトリートメントのブランドは統一しているか尋ねたところ、「統一している(83%)」が過半数を占めました。別々のブランドを使用している人の理由としては、「効果や香りの違いを楽しむため(36%)」が最も多い意見として挙がりました。

さらに、家でヘアパックやトリートメントなどのスペシャルケアをしているか尋ねると、半数以上の65%が「している」と回答。なかでも多かったのが「数日に1回(23%)」で、ヘアケアに気を遣っている方も一定数いますね!

▶参考記事:https://musee-marketing.com/topic/hair/

■調査日   :2018年9月13日(木) ~ 2018年9月20日(木)
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :1,094名
■調査対象 :全国20~34歳の女性

20代女子は財布持たずにApple Pay!イマドキのキャッシュレス事情

続いて、20代女子のお財布事情・決済事情についてまとめました。

こちらも参考にしましたのは、ミュゼマーケティングによる「キャッシュレス」に関するアンケート調査です。

近年、スマートフォンの普及に伴って、QUICPayやiDなどの決済アプリで支払いをする人が増えていますが、次世代のキャッシュレス普及の鍵を握る全国のF1層(20~34歳)1,730名に、現在の決済事情などお聞きしました結果をご紹介します。

小額の買い物は、半数以上が「現金で支払う」と回答

まず、普段の買い物で一番多い支払い方法を聞いたところ、「現金」派が68%と半数以上を占め、20・30代女性の主流は現金払いのようです。

ですが、日本のキャッシュレス決済比率は18.4%に対し、F1層の比率は31%と多い傾向にあります

その内訳は、「クレジットカード(26%)」「SuicaやPASMOなどの交通系ICカード(2%)」「デビットカード(2%)」「LINE PayやQUICPayなどのスマートフォン決済(1%)」となりました。

そのため、キャッシュレスの選択肢が増えてきている状況がうかがえますね。

続いて、コンビニなど少額な買い物での決済方法について聞いたところ、こちらも「現金(56%)」が最も多い結果となりました。

次いで、カード1枚で手軽に支払いができる「SuicaやPASMOなどの交通系ICカード(20%)」「クレジットカード(12%)」がランクイン。

また、LINE PayやQUICPayなどの「スマートフォン決済」は5%でした。利用頻度の高いコンビニなどでは、37%がキャシュレスで支払っていることがわかりました。Suicaが特に利用しやすいですね!

一方、洋服や家具など高額な買い物は「クレジットカード(60%)」「現金(35%)」と、金額が変わると支払い方法の傾向も変化します。


割り勘アプリを使っている人はわずか4%

割り勘アプリを使っているか聞いてみたところ「はい(4%)」という結果に。

内訳では「LINE Pay(74.1%)」「kyash(15.7%)」「paymo(5.6%)」と、LINE Payの利用が大半であり、TVCMの影響であったり、飲み会などの場面で利用する機会が増えているでしょう。


また、ビットコインなどの仮想通貨を保有しているか聞いてみたところ、暗号通貨の保有状況は「はい(3%)」と、利用者の割合はまだまだ少ないです。

今後のキャッシュレス化に向けて前向きな女性は74%

キャッシュレスが普及して欲しいかを聞いたところ「はい」が61%であるのに対し、「いいえ」と答えた人は39%で、理由を聞くと「使いすぎが気になる(28%)」「セキュリティに不安がある(25%)」と回答。

しかし、今後キャッシュレス化が当たり前の時代になると思う女性は84%でした。

最後に、これからさらに発展していくキャッシュレス化に対してどう思うかを聞いたところ「不安はあるが使ってみたい(47%)」「新しい技術は積極的に取り入れたい(26%)」と回答。

キャッシュレスや支払いツールの多様化に、前向きに考えている方も多いですね!

▶記事詳細はこちら:https://musee-marketing.com/topic/cashless/

※【ミュゼマーケティング調べ】

【アンケート】20代女子が痩せたあとにしたいこと「好きな服を着る」「海やプールに行く」

最後に、20代女子のダイエットに関する調査をご紹介します。

こちらは、BIGLOBEによる「ダイエットに関する意識調査」を参考にしまして、20代女性がやせたい理由は「健康」が最も多く、若年層ほど自信をつけたいという理由でダイエットをしている方は多いようですね!

各年代のダイエットに関する意識調査結果

以下の調査ではインターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。

※本アンケートの結果など、BIGLOBEのニュースリリース(https://www.biglobe.co.jp/pressroom)よりご確認いただけます。

20代女性は「好きな服を着る」が76%、「海やプールへ行く」が37%、「デートや恋愛」が30%といった結果になりましたね。


2. やせたい箇所は20代女性「太もも」8割
「やせたい部位」を質問したところ、20代女性は「顔」が63%、「太もも」が80%で、各項目の全体平均を上回りました。


3. やせたい理由、「健康」「美容」に続いて「自信をつける」が4割に
「何のためにやせたいか」を質問したところ、「健康」が71.1%が最も多い結果ですね。

多くの女性が夏に気になるのがダイエット、そして露出が増えることで気になるのが、ムダ毛の存在です。

せっかくダイエットが成功したなら、贅肉だけでなくその手足から伸びるムダ毛の存在も一緒におさらばしたいところです。

▼キレイなボディへ今から脱毛!▼
❤️ミュゼの最新キャンペーン特集をチェック!❤️

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント