1
×

脱毛サロンで行うVIO脱毛とは|自己処理とサロン脱毛の違い

2018年10月31日
K.K.@美容脱毛ライター

あなたは、VIO処理をどうしていますか?

Aさん

「そもそもどうしたらいいのか分からなくてセルフケアをしてない」

Bさん

「自己処理したけれど、チクチクかゆくて気になってしまう」

 

このように、VIO処理についてさまざまなお悩みを抱えているのではないでしょうか。VIO処理は、いわゆるデリケートゾーンの脱毛となるので、気恥ずかしく相談しにくい面もありますよね。VIOラインはデリケートな部分のため、知識がない状態で自己処理を行うのは危険なのです。今回は、安全なVIO処理の方法についてご紹介します。

【VIO処理】自己処理とサロン処理の違いとは?

脱毛道具
VIOの処理方法には、大きく分けて自己処理サロン処理の2種類が挙げられます。
まずは、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

VIO処理方法|自己処理のメリットとデメリット

女性の足

カミソリや電気シェーバー、ヒートカッターなどを使って自分でVIOラインを処理する方法です。

  • 自己処理のメリット

・費用が安い
・思い立ったときに処理できる(予約不要
・誰かに見られてしまう恥ずかしさがない

  • 自己処理のデメリット

IラインやOラインなど自身の目で確認しにくい部位の処理がかなり難しい
粘膜などのデリケートゾーンを誤って傷つけてしまう恐れがある
皮膚に負担がかかり、色素沈着する可能性がある

モコ
VIO自己処理の関連記事も合わせてチェックしてね♪

VIOの自己処理方法が他人に聞けない方のために【剃り方を解説!】

VIO処理方法|サロン処理のメリットとデメリット

脱毛サロンにて、VIO処理してもらう方法です。

  • サロン処理のメリット

・IラインやOラインなどもきれいに処理できる(色素沈着が起きにくい
・皮膚や粘膜部分を傷つけてしまう恐れがない(安全性が高い

  • サロン処理のデメリット

・自己処理よりも費用が高い
予約が必要となる
・スタッフに見られてしまう恥ずかしさがある

ロボ
VIOサロン処理の関連記事はこちらからチェック!

VIO脱毛は恥ずかしい?|安心してVIO脱毛のお手入れを受けられる理由

VIO脱毛の回数と期間の目安は?|美容脱毛と医療脱毛で比較!

VIOラインの自己処理5step|パーツ別にご紹介

女性の足

ここまで、VIO処理方法についてお伝えしました。
続いて、VIO処理を自分で行いたい時の方法を、Vライン・Iライン・Oラインのパーツ別にご紹介します。

【VIO処理パーツ別の自己処理方法①】前準備

VIOラインを自己処理する前に、やるべきことが3つあります。

Aさん
VIO処理をする前に必要なものを準備しよう!

VIOラインの自己処理を行うときに必要となるのは、以下のものです。

・電気シェーバー
・ヒートカッター
・タオル
・電子レンジ(なければお湯)
・水性ペン
・鏡
・保湿用のクリーム

Bさん
カミソリじゃいけないの?

そう考える方も少なくないでしょう。一応カミソリでも処理することはできますが、刃の部分が直接VIOラインに当たってしまい、皮膚や粘膜を傷つけてしまう可能性が高くなるためおすすめしていません。VIOラインの自己処理を行うのであれば、電気シェーバーを用意しましょう。

①Vラインの形を決めておく

自己処理する前に、Vラインの形をどのようにするのか決めておくことをおすすめします。
スタンダードな形は、小さめの逆三角形です。
余裕を持ってショーツや水着に収まる程度の大きさに整えるといいでしょう。
自然に形取ることができるか不安な方は、水性ペンで点を打っておくとスムーズに処理できますよ。

②肌や毛を温めておく

自己処理を行う前に、VIOラインの肌や毛を温めておきましょう。
温めておくことで肌や毛が柔らかくなるため、自己処理を行うときにスムーズに剃ることができるようになります。

濡らしたタオルを電子レンジで30秒ほど温め、タオルが冷めるまでVIOラインにつけておきましょう。このときに、タオルの温度が熱すぎないか注意が必要です。

③ヘアを短めに切っておく

へアが長い場合、自己処理をする前にハサミで短めの長さに切っておきましょう
毛が長いままではシェービングが上手に剃れず、何回もカミソリの刃を肌に当てることになります。結果として、肌に対するダメージが増えてしまい肌トラブルに発展してしまうことも。
理想として、1mm以内くらいの長さが望ましいですね。

【VIOパーツ別の自己処理方法②】Vライン

Vラインの処理は、VIOラインの中で最も難しくありません。

①毛が生えている不要なエリアを電気シェーバーで剃る
②残した毛をヒートカッターで調節する

あらかじめ決めておいた形に沿って、残すエリアを調整しましょう。

【VIOパーツ別の自己処理方法③】Iライン

①肌を引っ張りながら毛の流れにそって処理
②長いヘアはヒートカッターでできる限り短く切る

Iラインを処理するときに注意すべきなのが粘膜部分です。Iラインには皮膚部分だけではなく、粘膜にも毛が生えていることがあります。処理中に粘膜部分を誤って傷つけてしまうと、傷ついた部分から雑菌などが入ってしまったり感染症になってしまったりする恐れがあります。そのため、Iラインを処理するときには、鏡で確認しながら慎重に進めることが大切です。

【VIOパーツ別の自己処理方法④】Oライン

Oラインは肛門に近く、VIOラインの中でも最もデリケートな部位です。トラブルなく自己処理するのは、正直難しいですね。

どうしても、自己処理で行う必要がある場合には、以下の方法で自己処理が可能です。

①Oラインが見えるように鏡を設置する
②どこにどれくらい毛が生えているのか鏡で確認する
③ヒップラインにそって外側から内側へ処理する

ただ、Oラインを処理するときには、できる限りサロンにお願いしてもらうことをおすすめします。

【VIOパーツ別の自己処理方法⑤】アフターケア

VIOラインを全て処理し終えたら、最後にアフターケアを行いましょう。
特にデリケートな部分であるVIOラインは、処理したことでよりダメージを受けやすい状態になっています。そのため、保湿成分のあるクリームやジェルなどを優しく塗っておきましょう

脱毛エステでのやり方5step|パーツ別にご紹介

脱毛サロンを利用する場合にも、自分で行うべきことがいくつかあるので、事前に確認をしておかないといけません。

【脱毛エステでのやり方①】前準備

前準備として、施術の当日はシェービングをしてくるように言われることも多くなっています。

VIOラインの場合、Oラインだけは自分でシェービングするのは不可能なので、そのままの状態で問題はありません。

次にIラインですが、こちらも難しいようであればカウンセリングのときに相談をしてみましょう。

Vラインは形を決めるために事前のシェービングは欠かせませんので、ある程度剃っておくべきです。ただし、カミソリを使用してはいけません。電気シェーバーかハサミを使って行うようにしましょう。

またVIOラインの脱毛は、施術日と生理日が重なった場合は、残念ですが施術日をずらすことになります

【脱毛エステでのやり方②】Vライン

VIOラインの中でも、Vラインは最も脱毛をする人が多い部分です。

一応事前にシェービングを行っても、やはり素人なのでうまくいくとは限りません。事前にこのような形にしてもらいたいなど、スタッフに告げておくのがよいでしょう。そうすればきちんと対応してくれます。

事前にシェービングをして形を決める場合には、自分でこれぐらい脱毛してもらいたいと決めたラインよりも、気持ち内側まで剃っておくとよいでしょう

Vラインの脱毛を行うときには仰向けの体勢で行います。この際、足を体育座りのように立てておき、肩幅ぐらいに開いた姿勢を取るのが一般的です。ガウンを着てショーツを下に履くように勧められることが多いのですが、ショーツは不要と自己申告をする人もいます。

【脱毛エステでのやり方③】Iライン

Iラインも基本的には事前にシェービングをする必要がありますが、難しい部分でもあるので、もし自分で行うのが怖い場合にはカウンセリングのときに相談をしてみましょう

このような相談を気軽にできる、こちらの悩みや相談に対してしっかりと対応してくれる脱毛サロンを選ぶことが重要です。よいところであれば、Iラインは事前処理は不要と言ってくれることもありますし、長く伸びているようなら先の方だけをハサミで切るように指示してくれることもあります。

Iラインの脱毛を行う場合には、基本的にはVラインと同じ格好で仰向けの姿勢で行います。ただし、Iラインの場合には若干足を広く開いて、脱毛を行う側の足を横に倒した状態で施術をするのが一般的です。

狭い範囲ですが、かなりデリケートな部分でもあるので、多少時間がかかることもあります。Iラインは敏感で痛みを感じやすい部分なので、クリームなどの簡易麻酔などを行うこともあります

【脱毛エステでのやり方④】Oライン

Oラインは自分でシェービングをすることができませんので、もしないでそのまま当日来店するようになります

施術を行う格好も、VラインやIラインとは異なり、四つん這いになることが多いでしょう。脱毛サロンによっては横向きの状態になって行うように指示されることもあります

VラインやIラインよりは比較的短い時間で終わりますが、回数はVラインやIラインと基本的に大きく変わることは少ないでしょう。

【脱毛エステでのやり方⑤】アフターケア

アフターケアは他の部分を脱毛するときも大切ですが、VIOラインの場合には特に重要だと言えるでしょう。

基本的には保湿と冷却を行います。脱毛サロンでは医療機関よりも弱い出力の脱毛機を使用しますが、それでも熱を加えるので、冷却は絶対行う必要があります。冷却の時間は脱毛後の状態によって異なるので、この点はスタッフに任せて問題ありません。

帰宅してからはしっかりと保湿を行う必要があります。ローションや乳液などで、脱毛を行った場所をケアすることが重要なのですが、VIOラインのようなデリケートゾーンの場合には、他の部分とは異なる場合や注意点などもあります。

事前にきちんと説明をしてくれるでしょうが、できるだけ詳しく保湿の方法を教えてもらいましょう

VIO脱毛の人気の形

VIOの中でも、Vラインは自分の希望に沿った形に整えることができます。しかし、初めてVラインの脱毛をした人は、どのような形にすればよいのかわからないことも多いでしょう。そこでおすすめの形をいくつか紹介させていただきます。

特にこだわりがない場合には、ナチュラルという普通の形がよいでしょう。日本ではナチュラルにする人が多くなっています。形はVラインという名前の通り、V型となります

このV型の逆バージョンも存在しており、逆三角形やトライアングルなどと呼ばれています。四角くしたい場合にはスクエア、細長い形にしたい場合にはI型などがあります。あまり行う人は多くありませんが、ハート型や卵型などにすることもできるのです。

中には全ての毛を脱毛してしまうハイジニーナという方法もあります。

VIO脱毛をサロンで行う回数と値段

VIO脱毛も1回で完了するわけではありません

脱毛サロンの場合には、効果が出始めるまで3回~5回、自然な感じで薄くなってくるのが12回前後、しっかりと脱毛するのであれば18回ぐらいが目安となるでしょう。その人の体質や毛の濃さによっても変わってきます

料金は脱毛サロンによって幅がありますが、12回で10万円から20万円前後必要になります。脱毛し放題というプランがあれば、何回でも20万円前後で行えるでしょう。

VIO処理を安全・確実に行うにはサロン脱毛がおすすめ

ここまで、VIO処理を自分で行う方法についてご紹介しました。

自分で行えば安価で手軽にVIO処理ができます。しかし、粘膜を傷つけたり色素沈着したりすることを考えると、肌への負担が大きいと感じる方も多いのではないでしょうか。安全面や効果などを考慮した場合、自己処理はおすすめできません

Aさん
安全かつきれいにVIO処理がしたい!
Bさん
その場合には、サロンでVIO処理するのがおすすめだよ。

とはいえ「VIOラインをサロンで処理してもらうのは恥ずかしい…」と感じる方も珍しくありません。しかし、スタッフは仕事として脱毛を行うため「恥ずかしい…」なんて思う必要はありませんよ。スタッフ自身も脱毛経験者が多いため、自身の経験を踏まえて適切な施術をしてくれるでしょう。

また、サロンでは専門機器を駆使してVIO脱毛処理を行うため、肌に対する対策も万全。肌トラブルや色素沈着について、細心の注意を払って脱毛処理が行われます

敏感なIライン、自己処理がほぼ不可能に近いOラインも、脱毛サロンならしっかりと綺麗に脱毛処理を行ってくれますよ。

まとめ

今回は、VIO処理の方法についてご紹介しました。

自己処理を行うことはできますが、特にIラインやOラインを自分で安全かつきれいに処理をするのは難しいといえます。

VIOラインは敏感な部分のため、トラブルの元となるデリケートな部位。せっかくきれいにしようと思って脱毛をしたのに、キズが付いたり炎症を起こしたりしたら意味がありません。脱毛サロンなら、このようなトラブルもまず発生しないでしょう。

やはり、Vラインも含めてVIOラインは自己で処理するよりもサロンで施術してもらったほうがいいでしょう。あなたの肌の美しさや安全・安心のためにも、ぜひ慎重に検討してみてくださいね。

モコ
VIO専用のコースもある美容脱毛サロン・ミュゼプラチナムもおすすめ!
ロボ
ミュゼのVIOコースの詳細はこちらから確認できるよ!

ミュゼのVIO脱毛の料金と効果を解説|おすすめポイントまとめ

【両ワキ・Vライン2年間通い放題⁈】
ミュゼの無料カウンセリングはこちら

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務