1
×

ハイジーナでも温泉に入れる!デリケートゾーンを脱毛するメリットと方法

2019年07月16日
K.K.@美容脱毛ライター

最近ではハイジニーナを受ける人が増えてきていますが、温泉や露天風呂などで人目を気にすることもあるのでは…と不安に思う方もいるかもしれませんね。

ハイジニーナは脱毛でアンダーヘアを全て無くすということであり、見た目が綺麗になって清潔感を保ちやすくなるというメリットが挙げられます。脱毛の方法も確認しておきましょう。

モコ
温泉に行っても、実際ハイジニーナがそこまで恥ずかしいというわけではありませんよ〜
no name
むしろ、衛生面などではハイジニーナがおすすめですね!

ハイジニーナは温泉で恥ずかしい?

海外ではハイジニーナ脱毛が人気となってきており、日本でも注目を集めてきています。これはvioラインのムダ毛を完全に無くすことになるため、温泉に入る時などに恥ずかしいのではないかと心配している人もいるでしょう。

温泉には両親と一緒に小さい子供がいることもあります。子供は大人のアンダーヘアがないことを不思議に感じることもありますし、大きな声で騒がれて注目されることがあるかもしれません。

また、大人から視線を向けられてしまうこともあります。日本ではまだあまりハイジニーナ脱毛が広まっていません。ハイジニーナ脱毛をしている人は温泉の中で一人だけということも多いですし、違和感を覚えてしまう人も多いのです。

確かに恥ずかしいと感じることもありますが、アンダーヘアがないのは悪いことではありませんし、あまり気にしないようにしましょう。

モコ
露天風呂の日特集で開催した座談会でも、ムダ毛処理についてのお話がありましたね〜

 

ハイジニーナ脱毛をするメリット

ハイジニーナ脱毛のメリットとしてはまず、清潔な状態をキープできるということが挙げられます。

デリケートゾーンは排泄物や生理の時の経血が付着しやすく、不潔な状態になることで雑菌が繁殖しやすくなります。この雑菌が痒みや臭いなどの原因になってしまいます。

しかし、ハイジニーナにすればそのような不快感から解放されるのです。また、自己処理の手間がかからなくなることも大きなメリットです。デリケートゾーンは肌が弱いため、肌トラブルが起こりやすい箇所です。

脱毛しておけば肌トラブルもなくなります。ちなみに、妊娠中はハイジニーナ脱毛を受けることができません。出産後も赤ちゃんの世話などで忙しくなりますし、妊娠や出産を考えている女性は早めにお手入れを受けておきましょう。

出産前にハイジニーナ脱毛をしておくことにより、出産後の負担や手間を軽減できるというメリットがあります。

▼デリケートゾーン脱毛の関連記事はこちら!▼

 

ハイジニーナ脱毛の方法と痛み

ハイジニーナになった人

ハイジニーナ脱毛にはどのような方法があるのかチェックしておきましょう。エステサロンでは光脱毛が行われていることがほとんどです。

この方法はクリニックなどで行われている施術よりもパワーが低く、肌への負担が少なくなっています。必要になる回数は多くなりますが、アンダーヘアを少しずつ調整したい人におすすめです。

クリニックでは医療レーザー立ち網が行われています。エステサロンの施術と比べて出力が高いため、短期間でムダ毛をなくすことができます。しかし、痛みが強いため、心配な人は相談してみると良いでしょう。

ブラジリアンワックスはワックスを塗り、固まってからムダ毛を一気に抜きとる方法です。痛みは強いですが、一気にムダ毛が抜けることがポイントです。

vioラインは脱毛で最も痛い部位と言われています。特にクリニックの施術は痛みが強いため、長く通うことを考えるとエステサロンの脱毛が良さそうですね。

▼エステサロンはミュゼが評判高い!

モコちゃんの口コミ

ハイジニーナのまとめ【安心して温泉に入れる】

vioラインのムダ毛を完全に無くすハイジニーナには抵抗がある人もいるかもしれません。

しかし、一度ムダ毛を無くせば快適に過ごせるようになりますし、さまざまな悩みを解消することに繋がるでしょう。ハイジニーナは最初は恥ずかしくても、少しずつ慣れていきます。

もちろん、ハイジニーナにするためには後悔しないように、エステサロンのスタッフに相談するといいですね。無料カウンセリングよりお手入れのことなど、一通り聞けますのでぜひご利用ください!

▼ハイジニーナではミュゼのお手入れが安い!▼
☺ミュゼの最新キャンペーン特集をチェック!

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務