×

プールでできるダイエット!夏を楽しみつつ脂肪燃焼【無理なく痩せられる!】

2019年08月02日
K.K.@美容脱毛ライター

暑くなってくる時期ではプールや海に行きたくなりますが、ダイエット目的の運動でもプールはおすすめです。運動が苦手な方や、暑い日に外で動きたくない方でもプールでなら無理なくダイエットできます。

プールでの水泳やウォーキングで効果的なダイエットにつながる理由など、こちらのページで解説していますので少しでもやせるためにぜひ参考にしてみてください!

モコ
プールでのダイエットは身体への負担が少なく、続けられれば楽してやせられますね〜
ロボ
食べないダイエットよりもずっと健康的に体重を落とせますので、水泳など始めてみてはいかがでしょうか!

水泳はダイエットにうってつけのスポーツ

水泳は水の中で水圧や浮力の影響を受けるため、陸上で行う運動では得ることができない効果があるのが特徴で、夏のダイエットに最適です。

水泳は全身の筋肉を効率よく使うことで消費カロリーが大きく、脂肪の燃焼に最適なスポーツですが、より効果を高めるには泳ぐスピードにも気を付けるのがポイントです。

実は水泳で行う速いスピードの泳ぎは無酸素運動に該当し、有酸素運動ではないのです。ですから脂肪燃焼を期待する有酸素運動としての効果を最大限に引き出すには、時間泳ぐことができる速さで行うのが正解です

クロールの泳法は特に消費カロリーが高く、身体の中でも大きい筋肉である大腿四頭筋や広背筋、肩回りなどを有効に使えるため全身の筋力アップを期待する方にも最適で、筋肉を鍛えることで新陳代謝もアップしますので、脂肪燃焼効果だけでなく痩せやすい体へと導いてくれます。

浮力があり身体への負担が少ないのも水泳ダイエットの利点

プールにいる女性

水泳は胸囲と同じ高さの水につかることで陸上と比較しその体重は3分の1程度になる浮力の影響があるため、膝や腰にかかる負担も減り、関節など痛めず身体への負担も少ないという素晴らしいメリットが水泳にはあります。

負担が少ないこの利点は年齢を重ねた方にも最適と言え、幅広い年代層に陸上よりも身体への負担が軽減されるので体力が心配な方にもおすすめできます。

例えば水泳と陸上で同じ関節を動かす動きを行った場合、水泳のほうがより体への影響の負担を受けにくくなるため、それにより関節の可動域範囲が広がりやすくなるという嬉しい働きも得ることが可能です。

水の中での適度な水圧や温度も、身体の血液循環が促進されるので血行促進効果が期待でき、水の抵抗の影響は筋肉への負荷を自由自在に調整しながら行うことができるのもポイントです。

プールで出来る運動・ダイエットの例

プールでダイエットのため運動する女性

プールでまず簡単に行うことができる運動はウォーキングです。

水中でのウォーキングと普通のウォーキングを比較すると、その運動効果は水中のほうが2倍に上回ります

陸上でのウォーキング1時間あたりの消費カロリーは約162キロカロリーですが、プールでのウォーキングは約346カロリーです。消費数値からもその効果は一目瞭然で、脂肪燃焼を期待する方に適したプールでできる運動です。

また、体幹を鍛え下腹やくびれに働きかけるクロールでのバタ足や、バタフライのドルフィンキックも有効です。

そのほかプールで出来る運動である有酸素運動に該当するエアロビクスも、シェイプアップ効果を期待することができます。音楽のリズムに合わせて発汗するくらいの動きと心地よい疲労感のペースで行うのがポイントで、楽しく行うことができるため初心者にも最適な運動です。

▼水着になる前にムダ毛処理!▼
おすすめ除毛クリーム8選|楽に自己処理できる商品をチェック!

まとめ|プールダイエット理想の体に近づく夏

一般的な現在のプールは水温が30度から31度と低い設定となっているため、プールを利用するだけでも自然なカロリー消費が期待できます

泳ぎが苦手な方やエクササイズが苦手な方も、体温より低い環境のプールは自然と体が脂肪燃焼をして熱を作り出そうとしますので、ただプールで遊びながら楽しむだけで理想の体へと近づけてくれます。ダイエットのサポートとして心強い味方となるでしょう。

▼夏の時期に注目されている記事はこちら!▼

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務