1
×

恋肌のシェービング代を解説|自己処理できない(手の届かない)部位は無料です

2019年08月06日
K.K.@美容脱毛ライター

恋肌などの脱毛サロンでは、お手入れ前に自己処理をしておく必要がありますが、仮に自己処理を忘れた場合でもスタッフ側でシェービングの対応をしてくれます。

ただし、お手入れプランや部位によってシェービングの対応が無料と有料で変わります。手の届かない部位では剃り残しがあっても無料でシェービング対応してくれますので、ご安心を!

モコ
恋肌のシェービングについてのルールを解説してきます!
ロボ
シェービングが無料になる部位、有料になる部位の違いについてチェックしておきましょう!

恋肌の脱毛前には自己処理が必要

脱毛を行う前には、ほとんどのサロンで自己処理を行ってくるように言われます

何故なら、長いムダ毛が残っていると脱毛の光が届きにくくなり、脱毛効果を十分に得られなくなるからです。また光脱毛は黒い色素(メラニン)に反応するため、黒くて長い毛が密集していると火傷を起こすリスクもあります。

しかし自己処理を脱毛当日に行うと、毛が短すぎたり処理の際に肌を傷つけてしまう恐れもあります。そうなるとお手入れに適さない肌状態となり、当日の脱毛が出来ないと言われることがあります。

そのため、事前のシェービング(自己処理)は忘れずにしておきましょう。自己処理をしっかりしておくことで、余計な時間をかけずスムーズにお手入れしてもらえるため、サロンの予約の取りやすさにも影響してきます

脱毛効果・良い肌状態・スムーズさを得るためにも、自己処理は欠かせませんね!

恋肌のシェービング代は1か所800円

肌恋でシェービングをする女性

恋肌の月額制のコースでは、うなじの無料シェービングサービスがあります。うなじ以外では無料ではありませんが、1箇所800円でシェービングを行ってくれます。

ですので、うなじでのお手入れではスタッフがシェービングしてくれますが、うなじ以外のシェービングを行わず剃り残しがあった場合、その部位を避けてお手入れを行うことになります。

施術時に避ける部分があったとしても振替を行う事が出来ず、そのまま1回の消化となってしまいます。折角恋肌の店舗を訪れたのに脱毛できていない箇所が生まれるのは非常にもったいないですね。

そのため自宅での自己処理をしっかりと行い、万が一剃り残しがあった場合はシェービングしてもらうことをおすすめしますただし、上記でもお伝えしました通り部位ごとの支払いになるので注意が必要です。

自宅で自己処理する時は、合わせ鏡を利用して自己処理をすると見えにくい部分まで処理しやすくおすすめです。この際、きちんと目で確認して肌が傷つかないよう注意しましょう。余裕のある時に焦らず丁寧に行う事が大切です。

たかが800円とはいえども、お金にそこまで余裕のない学生さんはあまり払いたくないですよね。恋肌で使える学割とあわせて、シェービングもチェックしておくのがいいですね!

恋肌では手の届かない部位はシェービング代無料!

肌恋のシェービングが無料

恋肌の回数制では、手の届かない部位のシェービングは無料となっています。しかし、その他は1箇所に付き800円かかります。これは月額制と同様の金額ですね。

恋肌で行える「手の届かない部位」とは、「うなじ」「背中」「腰」「ヒップ」「ヒップ奥」の5か所です。これらの部位であれば、剃り残しがあっても無料でシェービングしてもらえます

特にVIOは一人で自己処理することが困難な部位でもあります。だからこそ、手の届かない範囲を無料で行ってもらえるのは嬉しいですね。

恋肌の回数制では最新の脱毛器機が使用できる上に、2週間に1度通う事が出来るので、最短半年で脱毛を終えることが可能です。このスピーディーさとシェービングサービスは、口コミでも評判となっています。1回の施術で全身まるごと脱毛してもらえることはメリットだと言えます。

▼学割でお得に!▼
❤️恋肌の予約はこちらから!❤️

恋肌に通うときは事前の自己処理をお忘れずに!

恋肌ではコースに応じて、無料シェービングサービスを行っています。しかし、サービスの範囲外であると1箇所につき800円支払う必要があります。

そのため、時間に余裕がある時に自己処理を済ませておくと良いでしょう。剃り残しがないかどうか、鏡とかでチェックするのがいいですね。

お手入れ前にしっかり自己処理を行えば、当日余分なお金を支払うことなくスムーズに処理してもらえます人気のある恋肌でのお手入れを無駄にしないようにしましょうね。

▼学生のうちにキレイに!▼
❤️恋肌の無料カウンセリング予約をしてみる!❤️

 

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務