1
×

9月も入れる海水浴場特集!人気のビーチはどこ?【伊豆・逗子・大阪など】

2019年08月20日
K.K.@美容脱毛ライター

8月は忙しくて海水浴に行けなかったという方で、9月の連休で海に行く計画もありますよね。ただ、シーズンがちょっと過ぎているから9月に行ける海水浴場があるのか、気になるところです。

そこで、こちらのページでは9月でも海を楽しめる人気のビーチスポットについてまとめました。観光地として人気を集めている伊豆や、関西方面の海水浴場もご紹介します!

モコ
8月下旬あたりから海にクラゲが増えるので、泳げるビーチが限られますね〜
ロボ
それでも、水温が高く泳ぎやすい海水浴場もあるのでチェックしておきましょう!

海水浴はいつまでできる?|9月以降でも楽しめる!

日本の海水浴場は一般的にお盆を過ぎるとクラゲが出るため、泳ぐのに適さなくなります。また秋になると水温も下がるため、泳ぐには肌寒いということも起こりがちです。

9月に入ってから海水浴を楽しみたいという場合には海外に行くという方法もありますが、誰でも気軽に出かけられるというものではありません・・・

このため7月や8月に仕事をする代わりに夏休みを9月頃と遅れて取る場合には、国内での海水浴を諦めてしまうという人も多いことでしょう。

しかし!日本国内であっても秋でも楽しめる海水浴場はいくつかあります♪

ここでは9月になってからも楽しめる人気の海水浴場について、東日本と西日本それぞれの地域にあるビーチを紹介します。

ただ秋以降はライフセーバーがいない他、台風も発生しやすくなるため十分注意しながら楽しみましょうね♪

9月も泳げる東日本の海水浴場

9月でも泳げる東日本の海

まずは、東日本にある9月でも泳げる場所を紹介します!

伊豆にある白浜は、シーズンには定番の人気スポットです。名前の通り白い砂浜が特徴で、サーフィンスポットとしても人気があります。加えてこちらは9月の半ばまでクラゲが出ることがほとんどなく、黒潮の影響で水温もまだ暖かいため泳ぐことが可能です。

白浜は9月から10月に水温が暖かいことに加え、それを求めて色あざやかな魚が集まるダイビングスポットとしても定評があります♪

参考ページ ▶︎ 伊豆白浜観光協会

これ以外の東日本にあるおすすめビーチは逗子海岸です。神奈川県逗子市にあるため東京近郊から気軽に行きやすいですね。こちらは遠浅で穏やかなビーチであるため家族連れで気軽に訪れやすい人気の場所です!

逗子も白浜と同様に、9月になってもクラゲが少ないため秋でも楽しめるようになっています。

参考ページ ▶︎ 逗子海岸海水浴場

9月も泳げる西日本の海水浴場

9月でも泳げる西日本の海

関西方面にも、秋になっても入れる海水浴場はいくつかあります♪

まず大阪府内には二色の浜があり、潮干狩りやマリンスポーツのスポットとしても人気です。また南海本線の二色浜駅から徒歩10分とアクセスも良くなっています。

これ以外にも大阪には淡輪駅近くにあるときめきビーチも人気で、一般的なマリンスポーツに加え地引網も楽しめるのが特徴です。

大阪以外では、滋賀県の高島市にある近江白浜水泳場マキノサニービーチもありこちらはキャンプ場としても知られています。

京都には波の穏やかな平海水浴場がある他、兵庫県には的形立の浜などでも泳ぐことが可能です。これらのスポットは、9月でも海に入れると紹介されています。

しかしながら、いずれの場所でもクラゲが全く出ないとは限らないため、万が一に備えて正しい知識を身につけて泳ぐようにしましょう!

まとめ|9月も入れる海水浴場で長めの夏を満喫

ここでは9月でも入れる海水浴場について関東地方、関西地方それぞれのスポットを紹介しました!

9月はシーズンオフであるためライフセーバーがいない他、台風が発生しやすくなっています。また万が一クラゲに刺された場合には民間療法での対応は避け、速やかに病院を受診することが大切です

安全に十分注意することで、人気の少ないビーチを十分に満喫できるようになります♪

モコ
海水浴に向けて、すぐにでもムダ毛処理したい方は除毛クリームがおすすめです〜

▶︎ おすすめ除毛クリームブランド8選✨

ロボ
また、胸(デコルテ)ニキビが悩みで水着への抵抗がある方は、今のうちにスキンケアしておきましょう!

▶︎ デコルテのニキビ・ザラつき胸ニキビケア対策!✨

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務