1
×

日焼けした肌のアフターケアでダメージは軽減できる?【肌を守るためにできること】

2019年08月27日
K.K.@美容脱毛ライター

紫外線の強い夏場は特に日焼けしやすいですが、アフターケアをしないとシミやそばかすなどの原因となります。そのため、日焼けしないための対策以外で、日焼けをしてしまった際の正しいスキンケアも知っておくといいでしょう。

そこで、こちらのページでは日焼けした肌の適切なケア方法をご紹介します。肌へのダメージを残さないためにも、日焼けのアフターケアが大事ですね!

日焼けしたときのアフターケアの重要性

日焼けがお肌の大敵であるということは、よく知られているところです。

紫外線の刺激を受けると皮膚細胞は自らを守ろうとしてメラニンを生成しますが、その量が多すぎると時間が経っても消滅せず、いつまでも残ってしまいます。これがいわゆる色素沈着で、シミやそばかすなどの原因になります。

日焼けによるお肌へのダメージを避けるには、外出時に帽子をかぶったり、日焼け止め効果のある美容グッズを利用するなど、さまざまな対策が必要になります。

それと同時にアフターケアもとても重要です。いくら事前にケアしていても紫外線を100%避けるのは難しいですし、日焼けによるダメージは徐々に蓄積されていくものです。そのまま放置しておくと、肌荒れや痛みといったより深刻な症状に発展しかねません。

アフターケアは早ければ早いほど、こまめにすればするほどダメージが後々まで残るのを抑えることができます

夏でも肌をきれいに保つ方法

焼け後の肌のアフターケア

日焼けによるダメージをできるだけ抑え、夏でもお肌をきれいに保つためにまず大事なことは、お肌を冷やしてあげることです。

日焼けというのはごく簡単に言えば「軽いヤケド」です。そのため、ヤケドの応急処置と同じように日焼けした部位を流水にさらしたり、濡れタオルを当てたりしてクールダウンさせるようにします。

次に必要なのは、保湿です。太陽の熱によって逃げてしまったお肌の水分を取り戻すために、化粧水でしっかり水分を補給してあげます。

乾燥した皮膚は敏感になっているので、パットで強くたたいたりこすったりせず、優しくなじませるようにします

こうした「外から」の対策と並行して、身体の内側からのスキンケアも行うとより効果が高まります。

新陳代謝によってフレッシュな細胞への入れ替わりを促進するよう、バランスの整った食生活を心がけて栄養を補給してあげます。特に美肌成分と言われるビタミンCは積極的に摂取するようにします。

また、紫外線・日焼け対策では飲む美白サプリで内側からサポートするのも効果的です。日焼けだけでなく肌への潤いやハリもケアしたいのであれば、美白サプリ・マスターホワイトがおすすめですね!

さらにお肌をきれいにするなら脱毛サロンへ

脱毛サロンでケア

日焼けによるダメージを解消し、お肌をさらにきれいに見せるもう1つの方法が「脱毛」です。

脱毛と言えばムダ毛を処理することなので、スキンケアとは直接関係がないのではないかと思われがちですが、実はそうではありません。脱毛サロンなどで行われている光脱毛には、お肌を美しくする効果があると言われているのです。

光脱毛に使われる光には発毛組織だけにダメージを与える働きがありますが、同時に真皮層にある繊維芽細胞を活性化する作用もあるとされています。繊維芽細胞はコラーゲンなどを生成し、ハリやうるおいを保つのに重要な役割を果たしています。

エステの美顔メニューとして知られるフォトフェイシャルと同じ原理だと言えば、理解しやすくなるでしょう、 また、施術を繰り返せば徐々に毛穴が収縮し、キメが整ってきます。そのため、見た目の美しさも向上します。

▼脱毛サロンはミュゼがおすすめ!▼
❤️ミュゼの最新キャンペーン特集❤️

まとめ|夏の肌ケアは将来の肌を守ることに繋がります

日焼けによるダメージは、短期的にはシミやそばかすなどとして表れます。さらに細胞の老化も早めてしまうため、年齢を重ねるにしたがってシワやたるみといったさらなるトラブルの原因にもなり得ます。

そのため、スキンケアは現在だけのものでなく、将来にわたってお肌の健康を保つためにも重要だということをよく理解しておく必要があります。

▼こちらもよく読まれている記事です!▼

▶︎ スキンケアコスメ・アットベリーで黒ずみ対策!

▶︎ ミュゼの無料カウンセリング・体験レビュー

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務