1
×

恋肌の同意書の書き方!未成年でも保護者の同意があれば脱毛可能

2019年09月03日
K.K.@美容脱毛ライター

恋肌は学生に人気の脱毛サロンで、脱毛費用もやすいことから未成年の利用者が多いです。ただ、成年の方は保護者の同意書が必要となります

保護者と同伴すれば同意書は不要ですが、仕事などを理由に一緒に来てもらえることもあまりないので、恋肌へ通いたい場合には事前に保護者に相談し、同意書を書いてもらうのがいいですね!

▼お金の負担も少なめで!▼
❤️恋肌の予約をしてみる!❤️

未成年の契約時に必要な準備

恋肌で未成年の契約時には、保護者からの同意書が必要となります。これは、一般的にクリニックやサロンなどで行われている常識的な手順で、恋肌でもその準備が必要です。

成人していない場合には、本人だけの意思では契約をすることが出来ませんので、注意が必要となります。未成年は親の保護下で生活しているケースが多く、判断も未熟になることがあるため、多くの契約では親や保護者の同意書が必要です。

恋肌の契約も例外ではなく、脱毛をするためには保護者の同意が必要となります。 恋肌でお手入れを受けることを決めた時に、できれば親に早めに相談しましょう。その際、同意書にサインが欲しいということを伝えることも忘れずに。

いざ契約となった時に親が知らされていないと、スムーズに契約をすることができないので注意です。また、契約書以外にも恋肌の支払い方法もチェックしておくといいですね。

同意書のダウンロードと記入方法

恋肌の同意書を保護者に書いてもらう

恋肌のウェブサイトにアクセスすると、下の方に「全身脱毛サロン恋肌 未成年者 契約同意書」というファイルがあり、ダウンロードすることが出来ます。それをプリンターで印刷し、保護者に記入や署名捺印をしてもらうというのが基本的な流れです。

もちろん、急に言われたら保護者も驚いてしまいますね。ここで反対されてしまうと話が先に進まないので、事前に説明を済ませてお互い合意の上でサインをしてもらうようにしましょう。

注意点としては、保護者自身が署名や捺印をすることです。重要な書類ですので、書類をしっかりと読んでおくようにしましょう。

▼学生に人気の脱毛サロン!▼
❤️恋肌の予約をしてみる!❤️

同意書を友達などに書いてもらうのは大丈夫?

恋肌の同意書の注意点

同意書は、親に言うのが面倒だったり反対されている場合、友達に描いてもらいたくなるかもしれません。しかし基本的には親や保護者に署名捺印してもらうようにしましょう。

同意書は、未成年者の保護者が同意をしたという証拠になります。何かあった時にも保護者の存在は重要になってきますので、恋肌で脱毛をするときには親や保護者の同意を得てから契約しましょう。

恋肌は、安全な脱毛がリーズナブルな料金でできるシステムですので、同意を得るのは比較的簡単と言えるでしょう。 これは、どこのサロンやクリニックでも行われているシステムですので、恋肌で脱毛をするときにあらかじめ保護者にその旨を伝えておくとスムーズです。

友達に書いてもらうのではなく、トラブル防止のためにも保護者に書いてもらいましょう。

まとめ|同意書があれば保護者同伴なしでも脱毛可能!

カウンセリングやお手入れをする日に親に同伴をしてもらうことは、親が仕事を持っていたりすると難しいケースが多いでしょう。しかし、同意書があればそれは必要なくなりますので、一人でサロンに行って対応してもらえます

同意書は大切な書類ですので、契約の前に親や保護者ときちんと話をして、署名捺印してもらいましょう。また、カウンセリングの際に不安なことがあれば、カウンセリング体験レビューもございますのでご参考までに!

恋肌の無料カウンセリング予約は
こちら!

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務