1
×

同棲する部屋を借りる際に注意すべきポイント

2019年09月19日
K.K.@美容脱毛ライター

楽しい同棲生活が始まると思うと、期待が膨らむものです。楽しい同棲生活を送るために欠かせないのは一緒に住む部屋になります。

そこで今回は、パートナーと住むお部屋を選ぶ時のポイントを説明していきたいと思います。

2部屋以上ある間取りがおすすめ

まずワンルームは避けた方が良いでしょう。お金がないから家賃の安いワンルームでも良いかな、と思うかもしれませんが、もしも喧嘩した時には逃げ場がなくなってしまいます。

24時間一緒にいると気疲れもしてしまいますし、マンネリの原因にもなるので、きちんとプライベートの時間を持った方が良いです。そのためにも2部屋以上ある方が長続きしますよ。

お互いが職場から同距離で通える程度の場所がおすすめ

同棲の部屋 職場との距離

家の位置はお互いの職場から同距離が基本です。

どちらか一方が長い通勤時間になってしまうと当然不公平だという考えが生じてきます。続くと家の中でも機嫌が悪くなってしまう原因にもなります。

また、折角一緒にいられるのに長い通勤時間では一緒にいられる時間も短くなってしまいます。そうならないようにするために同距離圏内にするのが妥当です。

生活費や家賃の負担はあらかじめ配分を話し合う

同棲し始めるためには生活費や家賃の負担割合を話し合う必要があります。

一緒に住み始めるとなると初めてのことだらけでしょう。住み始めてから何とかなるだろうと思っていると痛い目にあってしまいます。

住み始めてからいざお金について話し合うとなると意外と勇気が要るものです。家を決める流れの中でどうするのか、一緒に決めてしまいましょう

  1. 関連記事:同棲したら生活費はどれくらい必要?

まとめ:家事の負担も重要!無理のない関係のために

同棲をしていくとなると家事もそれぞれで担わなくてはいけません。

一人暮らしをしたことがない人同士が一緒に住むとなると、相手がやってくれるだろう、自分がやらなきゃ、という風に思ってストレスになってしまいます。

同棲をするには将来を見据えて話し合いをする必要があります。楽しい同棲生活を送るためにも、決めるべきところは決めて、楽しむところは思いっきり楽しむようにしましょう。

モコ
これから同棲をする方で、脱毛やムダ毛処理が気になることも多いようです〜

ミュゼの脱毛は効果ある?体験レポート

恋肌の脱毛は効果ない?効果・料金プラン・痛みを体験レポート

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務