1
×

【国際協力の日】レディーファーストはヨーロッパから!世界の恋愛情報

2019年10月02日
K.K.@美容脱毛ライター

恋愛の形は実は世界の地域によって様々に異なります。世界各国の恋の具体的な形を知ることで、今まで絶対だと思いこんでいた愛の形が、じつはそうでもないのだと考えられるようになるでしょう。

【フランス】同棲以上結婚未満の関係「PACS」

フランスではPACS(パックス)という制度があります。簡単に言えば、パートナーと同棲以上結婚未満の関係といえるでしょうか。

PACSなら苗字を変えずにすんだり、別れる時に離婚のような面倒な手続きが不要というメリットがあります。

【インド】結婚相手は自分で決められない!

インドでは結婚相手を自分で決めることはあまりありません。多くの人が恋愛結婚ではなくお見合い結婚をし、親や家族などがパートナー選びに介在してくることが多々あります。

これはインドに今でも根強く残る、カースト制度が関係していると言われています。

【ブラジル】2段階恋愛:FicarとNamorar

ブラジルの恋愛関係は、FicarとNamorarの2段階があるとされています。両者の区別はなかなか微妙なのですが、簡単に言えばFicarは本気の好きモードに入る前のお試し期間で、Namorarは本気の恋愛関係に入った段階でしょうか。


【スウェーデン】少子化も改善!事実婚制度「サムボ」

スウェーデンにはサムボ法という法律があり、これは事実婚の人を法律婚の人と同じように保護するというものです。

事実婚で子供ができた場合でもちゃんと法律で保護を受けることができるため、同国では正式に結婚をしていない男女でも子供を持つケースがとても多いです。

【スペイン】お城での挙式が無料!

ヨーロッパの古城で結婚式を挙げてみたいと思う女性は多いのではないでしょうか。スペインではお城での結婚式を無料でできるところがあるようです。

スペインのお城はヨーロッパとイスラムの文化が混じり合った独特のものもあり、エキゾチック感あふれる挙式ができるかもしれません。


まとめ:様々な恋愛が世界にはある

恋愛と一口にいっても世界には様々な恋愛のスタイルがあります。

日本で行われている恋愛とはだいぶ趣が異なる恋愛が世界にはたくさん存在していることを、国際協力の日を機に考えてみるのもいいかもしれません。恋愛を相対的に見ることで、恋愛に対する考え方が変わるでしょう

ロボ
国際協力の日にちなんだ関連記事もご参考くださいませ〜

プチプラで手軽に!|海外セレブもやっているボディケアって?

ドイツはソーセージよりも人気なものが!?|世界各国のおつまみ

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務