1
×

手荒れとはどんな症状?|手荒れの原因や予防方法を紹介【放置はNG!】

2019年10月02日
K.K.@美容脱毛ライター

空気が乾燥する冬だけでなく、年中手荒れに悩まされている人は多いです。見た目が良くないばかりか、進行するとかゆみを感じることも多く、日常生活にも支障が出てしまいます。

なかなか治らない手荒れの原因と対処法、そして予防を知ることで改善していきましょう。毎日の積み重ねの結果ですので、いきなり良くなることはありませんが少しずつ改善することは可能です。正しい知識を得ることで、対処法も正しくなり、良い結果につながります。

手荒れの症状や原因は?なりやすい人は?

手荒れの原因は手先に大きな負担がかかっていることです。具体的には主婦や美容院、配達員といった人々で、毎日の生活の中でたくさんの刺激にさらされている結果として手荒れになってしまいます。

本来人間の皮膚には角質層がありお肌を守っているのですが、刺激にさらされ続けていると角質の中の水分が失われて手荒れという状態になります。洗剤を使った水仕事をする主婦がなりやすいことから、主婦湿疹とも呼ばれます。

刺激を受けやすい利き手の親指や人差し指に多くみられ、初期では乾燥状態になりますが悪化していくと皮膚がかたくなり、発赤やかゆみといった症状が出ます。その状態からさらに進行すると水疱やひび割れが起きるなど、放置しているとどんどん悪化していくのが特徴です。

手荒れで生活に支障が出ている場合は?|医療機関で受診

手荒れはいつものことだから、市販のハンドクリームを塗っていれば大丈夫だと思い込んでいませんか。しかし、手荒れは進行性なので市販のもので改善しなかったり、生活に支障が出てしまったりする場合は、医療機関で受診した方が安心です。

病院では保湿剤などの塗るタイプの薬だけでなく、炎症を鎮めることができる飲み薬も処方することができるからです。医師が直接診断して、状態に合った治療が受けられるというメリットもあります。中には手荒れだと思っていたら、他の病気だったということもありますので、長引く場合は病院に行きましょう。

塗り薬にもいくつかの種類があり、状態に合わせて処方してもらうことができます。乾燥が気になる冬には潤うクリームにしてもらうなど、季節にも合わせて薬を出してもらえることもでき、より早く状態を改善できるのが特徴です。


まとめ|手荒れ予防は保湿や過度の刺激を避けましょう

水仕事をしないわけにいかないから、手荒れは仕方がないと諦めるのではなく、日常生活の中で予防していきましょう。

まず大切なのは保湿です。洗剤を使った後や、手を洗った後には必ずクリームなどを塗る習慣をつけます。最近はべたつきが少ないクリームなども販売されていますので、好みに合ったものを使いましょう。外出先でも使えるようにバッグに入れておくのもいいアイディアです。

洗剤や石鹸がしみるようなことがあれば、低刺激性のものに交換しましょう。水仕事の時にゴム手袋をしたり、手を使わないときには綿手袋をしたりすると保護になります。手間にはなりますが、手を休めるという意味では大きな効果がありますのでおすすめです。

そして、改善してきたと思っても止めることなく、保湿や手袋を使い続けることで、良い状態を保つことができますので継続することが大切です。


  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務