1
×

歯は見た目だけじゃなく健康にも重要!セルフケアグッズ5つと選び方

2019年10月08日
K.K.@美容脱毛ライター

歯が白いと、印象が爽やかになりますし、笑顔にも自信が持てるようになります。

見た目の雰囲気に大きく影響している歯ですが、実は健康面でも重要な役割を果たしています。虫歯などが、全身の病気と関連性があることがわかっているのです。

ここでは、歯を健康に保つためのセルフケアグッズや選び方について見ていきましょう。

基本の歯ブラシの選び方

ハブラシにはいくつもの種類がありますので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ヘッドサイズは、コンパクトなサイズだと1本ずつ磨くことができ、奥までしっかり磨くことも可能です。1本ずつ磨くことが難しい場合は、普通サイズのものを使うと良いでしょう。

毛の固さは、歯茎が健康なら普通のものを、炎症が起きているなど弱っている状態の場合には、柔らかめのものを使うのが適しています。

毛先については、先の細くなっているものは歯のすき間などの汚れも落としやすいメリットがあります。歯茎の腫れや出血などがある場合には、3本毛タイプを選ぶと良いでしょう。

一般的に子供は柄が握りやすく、毛は柔らかめのものを使うのが理想的です。大人は目的に合わせて選択することになりますが、子供より毛が硬く長めのものを選んでも問題ありません。高齢者は柔らかく細めの毛先のものを選び、電動ブラシも検討すると効果的です。

ワンタフトブラシで磨き残しオフ

歯のケア 磨き残しなしへ

歯並びの悪いところや完全に生えきっていない親知らず、ブリッジを入れた箇所など、通常のハブラシだけではどうしても磨きにくい場所が発生してしまいます。

そのような部分には、ワンタフトブラシを使用することで効果的に汚れを取ることができます。ワンタクトブラシはヘッド部分が小さく作られていますので、奥まで届きやすく、奥歯の後ろ側まで磨くのが楽になります

使い方としては、まず通常のハブラシでブラッシングしてから、ワンタフトブラシを使用するのが効果的です。1本ずつ鏡を見て、確認しながら磨いていくと良いでしょう。

通常のハブラシと同様に、毛先が開いてきたら交換するのが望ましいです。嘔吐反応が強く、奥までハブラシを入れるのが難しい方にも、ワンタフトブラシは使いやすく適しています。

さらにワンタフトブラシをメインで使用することによって、ブラッシングの効果が倍以上になるとも言われています


毎日のケアに取り入れたいフロス

デンタルフロスを使用することも効果的です。フロスは細い糸で作られており、ハブラシでは落とすことのできない歯間の汚れを清掃するのに向いています。

毎日のブラッシングの際に習慣として取り入れることで、ブラッシング効果も高くなるでしょう。一般的にはハブラシのみの場合と比べて、フロスを併用した場合はプラークの除去率が倍近く上がると言われています

フロスには糸の太さのサイズがあり、SやMなどに分かれています。自分に合うサイズのものを選んで使用することが大切です。

またフロスには、細い糸タイプのものだけではなく、幅広い糸タイプのものもあります。それぞれ使用感が違いますので、使い比べてみるのも良いかもしれません

他にも繊維の滑りを良くするためワックスが付いたタイプのものや、唾液などによって線維が膨らむエクスバンドタイプなどもあります。フッ素加工されたものも存在します。


虫歯予防になるガム・タブレット

歯のケアにガムが有効

ガムやタブレットを利用するという方法もあります。ガムやタブレットが口の中にあると、その甘味で唾液が通常よりも多く出ることになり、唾液の働きで口腔内の環境を良くすることができるのです。

また虫歯になりにくい甘味料を取り入れることで、口腔内でミュータンス菌が増えるのを防ぎ、プラークをつきにくくすることも可能です。

ガムは噛む回数が増えますので、噛むことによって唾液の分泌を促す効果も期待できます。ガムを長い時間噛むことが難しい場合には、タブレットを口の中に含んでおくことで、同様の効果を得ることができます。

ガムやタブレットを利用することで、通常のハブラシによるブラッシング効果も高くなります。通常粘着性のあるネバネバしたプラークが、キシリトールの効果によって、サラサラしたプラークに変化することがその理由です。

摂取方法は、食後・食間に1日3日から5回程度が望ましいとされています


まとめ:毎日のケアで素敵な笑顔に

ブラッシングは毎日行うことですので、習慣になっている方が多いことでしょう。ハブラシを使うブラッシングだけでなく、プラスアルファのセルフケアグッズも取り入れることで、より効果が高まります。

健康な歯を手に入れることで、体の健康も手に入れることができます。効果的なブラッシングを毎日の日課にしていきましょう。

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務