1
×

意外にヘルシー!サツマイモを使った美容レシピ【サツマイモの日】

2019年10月08日
K.K.@美容脱毛ライター

10月13日はサツマイモの日です。サツマイモのことを別名で十三里と呼ぶことから1987年に埼玉県の川越市の「川越いも友の会」が、旬の時期である10月13日を「サツマイモの日」と決めました。

十三里と呼ぶのは、江戸時代の焼き芋屋さんの「栗(九里)より(四里)うまい十三里」という洒落が評判を呼んだのがきっかけです。なんともユニークな由来ですね。

サツマイモの美容効果

そんなサツマイモは、実は美容効果が高い食材だと知っているでしょうか。ビタミン類やポリフェノールが多く含まれていて、抗酸化作用が強く、老化の原因になる活性酸素を抑える効果やシミやシワの予防にも有効的です。

また、ビタミンCには、肌に弾力やハリを与えるコラーゲンの生成をサポートしてくれたり、紫外線によるストレスから肌を守ってくれたりします。そのため、ニキビや肌荒れにも効果があります。

さらに、ビタミンEには肌の保湿効果があり、ビタミンB1には皮膚や粘膜を補修する作用があります。肌荒れや乾燥にも強い味方になってくれます。このようにお肌に優しい成分がたくさん入っているのが魅力ですよね。

他の成分として食物繊維が豊富なため、便秘の改善にも役に立ちます。体にいい成分がたくさん入っているサツマイモを食べることによって、体の中から美しくなり肌をきれいにすることが期待されます。

サツマイモの効果的な食べ方

サツマイモには豊富な栄養素が含まれていますが、たくさんの栄養を逃さず取るには、どのように食べるのが効果的でしょうか。効果的な食べ方について、いくつかポイントを紹介していきます。

甘くておいしいサツマイモを食べる時に気になるのはカロリーでしょう。しかし、豊富な食物繊維が含まれているおかげか、同じ量の食パンや白米よりも、血糖値の上昇スピードを表すGI値が低いため安心して摂取出来ます。

中でもダイエットにおすすめな食べ方は、焼き芋を冷やして作る冷やし焼き芋です。一度焼いた芋を冷やすことで、加熱されて糊化したでんぷんが冷めて消化されないレジスタントスターチに変化し腸に届き、血糖値の上昇をふさいでくれます。

また、皮は剥かずにそのまま調理することもおすすめです。紫色の皮にはポリフェノールや食物繊維、ビタミンCやカルシウムが多く含まれています。皮や皮の間に多く含まれる成分も多くあるため、栄養を取るためには皮ごと食べましょう。


サツマイモのおすすめ美容レシピは?

サツマイモに含まれている栄養素のβカロテンやビタミンEは、脂肪分と一緒にとると吸収率が高くなります。脂肪分には糖質による血糖値の上昇を穏やかにする働きがあるためです。

おすすめな組み合わせはゴマを組み合わせることですゴマは50%が脂肪分で出来ていて、中性脂肪になりにくい不飽和脂肪酸なため、ヘルシーな脂肪分と言えるでしょう。

大匙二杯ほどで約35グラムほどの食物繊維が取れ血糖値の上昇を穏やかにするため、相性も抜群です。ゴマをかけると大学芋のようになるため甘いものが食べたい時のおやつのレシピとしておすすめです。

また、焼き芋を冷凍庫に入れて凍らせてから半解凍すると、シャーベットのようにもなります。糖質をレジスタントスターチに変化させ太りにくくさせて便秘の解消効果も上がります。シャーベットのような芋にゴマやナッツをトッピングしてもおいしく食べられますし栄養価も高いです。

サツマイモはむくみ解消にもおすすめ

サツマイモにはむくみを改善してくれる効果があります。むくみの原因はたくさんありますが、多くの場合は、体内に塩分が増えてしまうことにあります

体の中に塩分が多いと、その塩分を薄めようとして水分を体内に溜めようとしてしまいます。これがむくみが起きてしまう原因です。体の中に溜まった塩分を外に排出しようとする働きを持つのがカリウムという成分です。

脚のむくみ解消にはサプリも効果的!【おすすめ記事】

サツマイモにはそのカリウムという成分が多く含まれています。一日に取るべきカリウムの量は2500㎎が必要です。サツマイモには100gあたりに470㎎ほど含まれています。これはモロヘイヤとほとんど同じくらい多く含まれているということになり、野菜の中でもトップクラスです。

カリウムを多く取りたい場合には干し芋がおすすめです。普通の芋よりもカリウムや鉄分などが多く含まれているので、栄養を逃さず摂取したいのなら干し芋を食べるのもいいでしょう。


サツマイモでキレイな自分に!

サツマイモは甘くておいしいだけではなく栄養素も豊富です。ビタミンや食物繊維などが多く含まれていて美容効果が高い食材です。皮も一緒に食べることでより多くの美容成分を摂取することが出来ます。

脂肪分と組み合わせることでより効果的に栄養が取れるため、いろいろな組み合わせで食べながらおいしくきれいになることを目指せます。サツマイモをたくさん食べて体の中からキレイになりましょう。

ロボ
サツマイモの関連記事もございます!
  1. サツマイモはボディケアでも効果的?
  2. サツマイモの日になった由来をもっと詳しく!
  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務