1
×

寝不足で肌荒れになるメカニズムとは?|生活習慣を整えて美肌リズムを作る!

2019年10月15日
K.K.@美容脱毛ライター

肌荒れでお悩みの方は多いですが、その原因とメカニズムを知り、対策を行っていくことで必ず改善することができます。スキンケアだけにこだわっていても、寝不足や食事などの生活習慣が乱れていれば身体の不調だけではなく肌荒れにも必ず影響してきます

生理周期によるホルモンバランスの乱れや、年齢によるコラーゲン不足が原因となり肌が乾燥することで、紫外線の影響も受けやすくなります。まずはそのメカニズムを知り、できる対策から始めていきましょう。

モコ
普段からあまり眠らない方は、早めに改善しないとお肌がボロボロに…
ロボ
スキンケアも継続的に行いましょう!

寝不足が肌荒れにつながるメカニズムとは?

睡眠は健康にもつながる重要なことですが、寝不足の状態が続いていると肌がボロボロになり乾燥してしまうと感じることも多いのではないでしょうか。寝不足が肌の天敵と耳にすることは多いですが、なぜそれが影響するのかメカニズムからみていきましょう。

睡眠は身体のさまざまな機能を修復するために必要な時間です。脳や身体の疲労を回復させるだけではなく、傷ついた組織の修復にも関わってきます。

特に肌に関していうと、ターンオーバーという新しい皮膚に生まれ変わる働きがあり、それは成長ホルモンの分泌も関係しています。

成長ホルモンが分泌されるのが、20時から深夜2時の間だといわれているので、寝不足気味になると成長ホルモンが十分に分泌されずに肌荒れが起こってしまうのです。

寝不足解消がなかなかできない方で睡眠薬を服用されている人もいますが、健康面を考えるとあまりおすすめしません。良質な睡眠をサポートしてくれる栄養素を補給できるサプリの方が、より健康的ですね!

おすすめ記事:快眠サプリの評判をチェック!

肌荒れは睡眠以外の生活習慣も原因

肌の状態が気になる女性

寝不足は肌荒れに直結しますが、それ以外の生活習慣も原因になります。例えば不規則な食生活があげられます。

食べた物が体を構成するといっても過言ではありませんが、肌の材料となるタンパク質はもちろん、便秘を起こせば代謝も落ちてしまいます。

そのため食物繊維も必要ですし、ターンオーバーという新しい皮膚に生まれ変わる働きを促すためには、ビタミンやミネラルもバランスよく摂取することが大事です。脂っこい食事やアルコールの量が多いと、ニキビができる原因にもなりますので要注意です。

健康面でも話題になっている抗酸化作用のあるオメガ脂肪酸など、良質な脂質を摂取することで活性酸素を除去することができますので、クルミやアーモンドなどのナッツ類は積極的に摂りたいものです。

運動不足は血流不足を引き起こしますので、適度な運動も心がけましょう。運動が苦手な方でも、最近流行りのホットヨガであれば無理なく続けられますよ!

おすすめ記事:人気のホットヨガスタジオ・CALDOをチェック!

まとめ|最大のスキンケアは日々の暮らしの見直し

高性能な化粧品を使ったり、エステに通ったりするのもスペシャルなスキンケアとして意味のあることです。しかし内側からケアをすることも非常に重要です。

不規則な生活習慣で寝不足が続けば、成長ホルモンの分泌が少なくなり、ターンオーバーの機能も低下して新しい皮膚に生まれ変われなくなってしまいます。外的な要素としては、紫外線対策や保湿を行い肌の乾燥を防ぐことで、バリア機能を向上させてリスクを減らすことも可能です。

食べ物が身体を作ると考えると、バランスのとれた食事を規則正しいタイミングで摂取することも重要です。タンパク質や食物繊維、ビタミンやミネラルを積極的に摂取し、脂質の多い食べ物を控えることを意識しましょう。

基礎化粧品によるスキンケアと睡眠、さらに食事に加えたいのが適度な運動です。日々の生活を一度見直すことが大事です

スキンケア・ボディケアで痩身エステも効果的?【こちらも注目!】

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務