1
×

2019年秋の土用の期間と丑の日|過ごし方とNG行動に注意

2019年10月17日
K.K.@美容脱毛ライター

土用の丑の日と聞くと夏のイメージがあるかもしれませんが、実は秋にもあることをご存知ですか?

土用の期間は年に4回あり、今回紹介する「秋の土用」には正しい過ごし方やNG行動が存在します

こちらの記事では、秋の土用の期間や過ごし方、NG行動をしても良い間日に付いてなど、様々な豆知識をまとめてみました。参考にしてみてくださいね。

2019年秋の土用の丑の日と期間

2019年の秋の土用の期間は、10月21日(月)〜11月7日(木)の18日間となります。

立冬の直前ごろが秋の土用の期間となっていて、暑かった夏の名残も消えて急に寒さが増す頃となるため、昔の人々は体調を崩しがちなこの時期は新しいことを始めずにいつも以上にゆったりと過ごそうと考えたようです。

2019年の秋の土用の丑の日は、10月31日(木)ですが、一般的には秋の土用は辰の日を重視することが多いです。2019年の辰の日は、10月22日(火)と11月3日(日)となっています。

秋の土用は、夏の暑さによる疲れが出やすい時期だと言われていて、老化が進んでしまう時期とも考えられています。その夏の疲れを解消するような食べ物を食べたり、ゆっくりと休むことが、秋の土用の期間の大切なポイントです。

現代ではそれほど意識されていない雑節ですが、元気に過ごすために頭に置いておくのがおすすめです。ウナギのおすすめレシピや食べ方について、こちらのページでご紹介していますのでご参考までに!

「土用」の過ごし方とNG行動

土用の丑の日 NGなこと

土用の期間は、なるべく新しいことをスタートせずに穏やかにゆったりと過ごすのが良いとされています。そのため、新居購入や転職、結婚などを土用の時期にするのはあまり良くありません。

また、どの方角も良くないとされている時期であるため、旅行や引越しなど移動をすることもNGとなっています。

土に関わることをするのもタブーとなっていて、これは土公神(どくしん・どこうしん)という土の神様が嫌がって怒るからだと言われています。小さなことなら土いじりや草むしりから、大きなことなら地鎮祭など、土にまつわることは極力避けるようにしましょう。

夏の疲れを癒やす時期だと考えて、ゆったりと暮らすことを意識するのが大切です。もちろん、昔の人々の迷信である部分も大きいかもしれませんが、疲れが出やすい時期であることには変わらないので、ゆっくり過ごすことを頭に置いてみてくださいね。

疲れが蓄積している時にこそ睡眠時間を確保しておきたいところですが…なかなか寝つきが悪いという方は、ぐっすり眠れるための対策もチェックしておきましょう!

土用のNG行動をしてもよい「間日」とは

土用の期間には、前述したようなNG行動が存在しますが、それを行っても良い間日(まび)という期間があります

土用は約18日間となっていますが、その間ずっと土いじりをしてはいけないと言われると、特に農家の方などは困ってしまうため、NG行動を行っても大丈夫な日が設定されています。

昔の人々の考えではこの間日の間、土公神は天上界へ行っているから祟られないとされていたそうです。

2019年の秋の土用の間日は、10月25日・27日・29日・11月6日となります。未と酉と亥の日が、秋の土用の間日となっています。

もしもどうしてもこの時期に引越しをしなくてはいけなかったり、庭の手入れをしてしまいたかったりとNG行動をする必要があるなら、間日を狙って予定を入れると安心です。

せっかく雑節を意識するなら、しっかりと間日もチェックしてこの日の間にNG行動を済ませるようにしましょう。

秋の土用の過ごし方を取り入れよう

秋の土用 食べ物

具体的な過ごし方としておすすめなのが、辰の日に「た」の付く食べ物や青い食べ物を頂くことです。良く食べられているものが、秋刀魚や大根や玉ねぎなどです。

秋刀魚は秋だけしか旬のものを食べられないので、特にこの時期に食べておきたい食材です。大根も、冬に近づくことで美味しくなっていく食べ物なのでおすすめです。

旬の食べ物を頂くことで体にパワーが付くと言われているため、旬の食材をたくさん取り入れて土用の期間を乗り切ることが大切です。

旬の食材は、素材の味だけで十分美味しいのが特徴なので、秋刀魚をそのままグリルで塩焼きにしたり大根を薄味の出汁で炊き上げたり、お味噌汁に入れたりと、様々な方法で楽しむことができます。

優しい味付けで食べることで、より体に良く健康な食事になります。家族みんなでゆったりと過ごしながら、美味しい旬の食材を堪能して、元気をチャージしてくださいね。

おすすめ記事|ウナギは優秀な美容食材だった!?女性のボディケアにピッタリ!

寒くなる時期では体調管理も万全に!

秋の土用の記事は参考になりましたか?

体調を崩しやすく、夏の疲れが出やすい季節の変わり目なので、ゆったりとリラックスして過ごすのが大切です。

旬の食材を体の中にたっぷり取り入れて、元気に秋を越えて冬に備えましょう。

また間日を上手に利用しながら少しNG行動は控えて、土用の時期はお休みを楽しむようにしてください。

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務