1
×

実年齢+3歳?年齢が出る首のシワを改善するスキンケア・マッサージ

2019年10月20日
K.K.@美容脱毛ライター

実年齢よりもプラスして3歳老けて見える、というように、年齢が出る首のシワは正しいやり方で改善させることは可能です。地道に行うスキンケアと、心地よい強さで行うマッサージが変化をもたらしてくれます。

スマートフォンやパソコンが、常に日常にある現代人は姿勢も悪くなりがちですし、慢性的なコリの悩みを抱える人も多いです。首にエイジングのサインが出てしまう原因を理解して、姿勢を正して紫外線対策も行い、十分な保湿ケアで美しい首を目指していきましょう。

モコ
首は顔と比べてスキンケアがおろそかになりがちですが、実年齢の見えやすい部位なので注意しましょう~
ロボ
普段からのストレッチやスキンケアで改善できます!

首のシワ・たるみを加速させる生活習慣

首のシワやたるみを加速させる生活習慣として、普段の姿勢の悪さを改善することが必要です。立ち上がった際の姿勢は、耳と肩は一直線であること、これが正しい首の位置になります。

へその下にある丹田に力を入れることを意識すると体幹にも力が入るので背筋も伸びます。さらに肩甲骨を寄せると首も正しい位置へ戻るので挑戦してみましょう。ネット時代を生きる中では猫背になりがちですが、気が付いたときに姿勢を正すようにすることが大切です。

また、コリもネックラインの老化を早めるため、簡単なストレッチをするなど筋肉の緊張を和らげるとよいでしょう。強烈な紫外線を浴び続けるのもよくない生活習慣であり、露出をしているネックラインには悪影響になります。外出時には日焼け止めクリームを塗り、発汗の多い夏の時期は日中も塗り直すことが大切です。

首のシワのスキンケア・マッサージ方法

首のスキンケア

マッサージは、美容クリームや美容液を首全体に塗布し肌になじませたら、指の腹全体を使い行います。中央から後ろへ指を密着させて円を描くように交互に3回、手のひらを使い下から上へ持ち上げるように擦り上げるのを6回です。

両方の指を使って後ろの筋肉を指で押して緊張を緩めると、全体的にリフレッシュした気分になります。あまり強く押しすぎることなく、マッサージは心地よいと感じる強さで行うのもポイントです。

ネックラインのスキンケアは顔と同じようなお手入れをするとよく、顔とつながっている部分ですから、洗顔後に一緒に基礎化粧品を使ったケアをすると手間がかかりません。

顔に使った化粧水をそのままデコルテまで伸ばし、十分な水分を与えることです。皮膚が薄い鎖骨や首はしっかりと保湿をする必要があるので、美容クリームやオイルでのケアも欠かさないようにしましょう

首をキレイに見せるなら脱毛もおすすめ!【関連記事】

まとめ|アンチエイジングは首元から始めよう

毎日欠かさずに顔のお手入れはするものの、盲点になりやすいのが首のお手入れです。一枚の皮でつながっているとはいえ、顔と異なりネックラインの皮膚はたいへん薄いため、年齢が出やすい部分でもあります。

乾燥を感じにくいのは汗腺が顔の2倍以上あるためであり、基礎化粧品でのケアへの意識も低くなりがちです。しかし、年齢が出やすいことから、アンチエイジングは首元から始めるのがよい対策になります。首元が綺麗だと、全体的な見た目も若々しく見えますし、顔の印象までシャープに見えるのもメリットです。

気楽に行えるネックマッサージを習慣にし、保湿重視の基礎化粧品でのスキンケアをするようにしましょう。潤いを与えて血行をよくするのと同時に、太陽の紫外線から首の皮膚を守るために、紫外線対策を行うことも忘れてはいけません。

紫外線対策は日焼け止めクリームよりも確実な方法が!?【おすすめ記事】

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務