1
×

11月8日は「いい歯の日」|虫歯対策に効果的な歯磨きとは?

2019年11月08日
natsumi

11月8日は「いい歯の日」。この機会に、毎日何気なくやっている歯磨きなどのオーラルケアの見直しをしてみませんか?

今回は、いい歯の日にちなんで、虫歯対策となる歯磨きのポイント5つについてご紹介します。合わせて、皆さんがやりがちなNGな歯磨きの例もお伝えするので、ぜひ自分は歯磨きをきちんとできているのか確認してみてくださいね。

健康な歯にするためには?(関連記事で続きを読む!)

「いい歯の日」とはどんな日?

いい歯の日

毎年11月8日は「いい歯の日」です。

「いい歯の日」の由来は「いい(11)歯(8)の日」という語呂合わせによるものです。このことから、日本歯科医師会により、11月8日は「いい歯の日」であると制定されました。

どうして虫歯になるの?

そもそも、どうして虫歯になってしまうのでしょうか。虫歯の原因について調べてみました。

虫歯は口の中にいる微生物(細菌:主にストレプトコッカスミュータンス菌)の働きによって、歯が溶かされる病気です。

出典:総合病院岡山協立病院歯科-なぜ虫歯ができるの?

  • 歯垢:歯垢内にいる微生物
  • 砂糖など:微生物の栄養源

以上2つが口内に残り、時間が経過してしまうことにより、虫歯の原因となる微生物が繁殖し虫歯となってしまうのです。

あなたもやってない?NGな歯磨きを知ろう

モコ
まずは、普段の歯磨きでNGなポイントについてご紹介します!

ロボ
知らないうちに意外とやってしまっていることもあるから、しっかりチェックしよう!

①濡らしたブラシに歯磨き粉をつける

歯磨きをする時には、歯ブラシを濡らして歯を磨くという人が多いのではないでしょうか。しかし、実はこの行為はNG。

歯ブラシを水に濡らして歯を磨くことで、歯磨き粉が泡立ちます。結果、きちんと歯を磨けていなくても歯を磨けた気になり、磨き残しがある状態になってしまいます。

②かたい歯ブラシを使う

歯を磨く時には、かたい歯ブラシよりも柔らかい歯ブラシをおすすめします。

なぜなら、かたい歯ブラシを使うと、歯茎が傷んでしまったり歯が削れてしまったりすることも少なくないためです。

柔らかい歯ブラシを使うことで、歯と歯の間までしっかりと汚れを落とすことができますよ。

③歯磨き後にしっかりと何度も水でゆすぐ

歯磨きの後は、たっぷりの水で何度もゆすいでうがいをするのが当たり前と思っていませんか?実は、これもNG行為。

理由は、歯磨き粉に含まれるフッ素などの成分まで流してしまうから。歯磨きの後は、小さじ2杯程度の水でゆすぐことが望ましいです。

虫歯対策に効果的!歯磨きのポイント5つ

虫歯対策

続いて、虫歯対策に効果的な歯磨きのポイントを5つご紹介します。

①歯を磨く順番を決める

まず1つ目のポイントは、歯を磨く順番を決めること。

毎日、何気なく歯磨きをしている人が多いはず。しかし、それだけでは磨き残しがあるかもしれません。

自分なりに「まずは上の右奥から磨こう」など、全部の歯が磨けているかチェックしながら歯磨きすることをおすすめします。

②朝食後ではなく起きてすぐに歯磨き

次に2つ目のポイントは、朝食後ではなく起きてすぐに歯磨きをすること。

朝起きたばかりの口内は、雑菌が多く繁殖している状態です。そのため、朝起きてすぐに食事をとると、口内の雑菌も合わせて体内に摂取してしまうことに。

朝歯磨きをするタイミングは、朝食後ではなく起床後すぐが正しいです

③食後30分以降に歯磨きをする

3つ目のポイントは、食後30分以降に歯磨きをすること。

「食べてすぐに歯磨き!」と食後30分以内に歯を磨くのが正しいと認識している人も少なくありません。

しかし、食後の歯は傷つきやすい状態に。できるだけ、食後30〜60分後に歯磨きを行うようにしましょう。

④同じ歯ブラシを1ヶ月以上使わない

4つ目のポイントは、同じ歯ブラシを1ヶ月以上使わないこと。

同じ歯ブラシを1ヶ月以上使い続けると、毛束のもとに雑菌が溜まってしまいます。そのため、歯ブラシは「まだ使えそうだな」と思っても、1ヶ月使ったら新しい歯ブラシに取り替えましょう

⑤歯磨きとデンタルフロスをセットで行う

5つ目のポイントは、歯磨きとデンタルフロスをセットで行うこと。

毎日3回しっかりと歯磨きを行えば、虫歯のもとになる歯垢を取り除くことができると思っている人がほとんどではないでしょうか。

しかし、実は歯磨きをしただけでは、口内の歯垢は60%しか取り除くことができません。残り40%の歯垢をキャッチするには、歯ブラシでは不十分であるため、デンタルフロスを併用することが必要です。

毎日の歯磨きをしっかり行って虫歯対策を

いい歯の日

今回は、11月8日の「いい歯の日」にちなんで虫歯対策となる歯磨きのポイントやNGな歯磨きの例についてご紹介しました。

毎日行う歯磨きだからこそ、なんとなくやった気になっている人も少なくありません。しかし、自分自身の歯を大切にすることで、笑顔に自信を持てたり、食事を楽しむことができたりします。

この機会に、正しい歯磨きを理解して、毎日しっかりと虫歯対策を行いましょう。

  • 脱毛診断メーカーの公式SNSアカウント

この記事を書いた人

natsumi

フリーライター。主に、美容・恋愛・ライフハックなど女性向け記事を執筆している。趣味は、女性アイドル鑑賞とカフェ巡り。▼執筆実績はこちら▼