×

体調が悪い時に脱毛施術を受けてはいけない理由【肌トラブルのリスク】

2019年02月17日
K.K.@美容脱毛ライター

サロンやクリニックに通い始めてから、体調が悪い日も出てくる可能性があります。その時に施術を受けても大丈夫なのか気になっている方もいるかと思われますが、健康状態に問題がある時には施術をすることができない場合があるため要注意です。

なぜ健康でなければ脱毛サロンに通うことができないのか、事前に把握しておくことをお勧めいたします。

モコ
体調が悪い状態で脱毛施術を受けると、肌トラブルや脱毛効果が低くなるリスクがあります~
ロボ
なにはともあれ、健康でいることが大事です!

体調が悪いときの脱毛はNG

脱毛施術を受けるようになってから体調が悪くなることも、考えられるでしょう。そんな時でも脱毛していいのか、疑問に感じている方は少なくありませんが、基本的に施術は受けることができないので気を付けておくといいですね。

これはどこの脱毛サロンやクリニックでも、禁止されていることです。体調が悪い時に脱毛できない理由は、脱毛効果が低くなる可能性が高いからです。またお肌が敏感な状態になっており、施術をすることで肌トラブルを引き起こすこともあります。

そうなるとお肌のコンディションも悪くなり、お肌に何らかの問題が起こって脱毛を継続することが難しくなるかもしれません。特に発熱している時は絶対に施術を受けないほうが良いです。照射する前に必ず冷却ジェルを塗ることになりますが、免疫力が落ちている状態で塗ってしまうとさらに身体が冷えていきます。風邪の症状が悪化することもあるので要注意です。

具合が悪くて薬を服用している場合も、副作用が起きることもあるので脱毛することができません。施術をするタイミングも重要になりますから、体調を整えてから施術を受けていただきたいです。

健康で免疫力がある状態で脱毛施術を受けましょう!

最近では、お肌に優しい脱毛マシンを使用しながら丁寧に施術をしてくれるサロンが増えてきています。そのため少しぐらい体調が悪くても問題ないだろう、と考えてしまうかもしれません。ところが体調が悪い時に脱毛施術を受けますと、お肌が敏感な状態になっていて大きなダメージを受けることがあります。

そのうえ、お肌へのダメージはどんどん蓄積していきますので、結果的に肌トラブルに悩まされる可能性もあるでしょう。とりわけ美容外科クリニックで行われている医療脱毛は、強力なレーザーをお肌に照射しながらムダ毛を減らしていきます。

レーザー脱毛では少ない施術回数で脱毛が完了して、半永久的に効果が持続するといった魅力がありますが、体調が悪い状態で医療レーザーの施術をすると、お肌が強い刺激を受けることがあるので注意が必要です。

また、サロン等で行われている光脱毛でも刺激を受けます。確実に効果を実感するためには、施術をするタイミングや体調が非常に重要になってきます。ムダ毛が無くなるまで免疫力を高めるようにしたり、健康を維持するように心がけてみてください。

モコ
お肌へのダメージを気にされる方は特に、サロンでの光脱毛がおすすめですね。もちろん、健康な状態で脱毛施術を受けましょう~
ロボ
医療機関によるレーザー脱毛とサロンでの光脱毛について、アンケートを参考にして比較した記事もございます!

まとめ|脱毛効果を上げるためにも健康管理が重要!

体調が悪い時に脱毛の施術をすると、効果が低くなったり肌トラブルに悩まされる可能性があります。薬を服用している場合は副作用が出ることもあるので、免疫力を高めて健康な状態で施術を受けるようにするといいでしょう。

しっかりと効果を得るためには、施術をするタイミングも重要です。少しでも具合が良くない時や身体に違和感がある場合には、施術日を調整するようにしてみてください。

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務